【原発】福島の牛11頭から基準超の放射性セシウム

【原発】福島の牛11頭から基準超の放射性セシウム

チェルノブイリ事故と同等かそれ以上酷いという福島原発事故なのに原発事故周辺肉が堂々と流通していたというキチガイじみたニュースを見た。

ウクライナでは今もチェルノブイリ原発から半径30キロ以内は立ち入り禁止なのに日本では半径30キロ以内の南相馬市は人が住んでいるばかりかその地区の肉が流通されていた?!

あな恐ろしげ。これこそ放射能問題が福島だけの問題で無くなるではないか。

民主党には日本人の安全を守るという危機感の欠片も無いのではないか?



【原発】福島の牛11頭から基準超の放射性セシウム(11/07/09)


http://youtu.be/oBTjSr0wCro

>

http://sankei.jp.msn.com/region/news/110710/fks11071002480000-n1.htm
肉牛、全頭検査求める声 JA「安全確認すべきだ」 福島
2011.7.10 02:48
 南相馬市の緊急時避難準備区域から出荷された肉牛の食肉から暫定基準値を超える放射性セシウムが検出されたこと受け、県は9日、畜産関係者らを集めて緊急の対策会議を開催。生産者側からは出荷前の枝肉に全頭検査の実施を求める声が上がった。

 JAグループ福島肉牛振興協議会の湯浅治副会長は「生産者の要望として、枝肉の全頭検査を早急にやらざるを得ないと話した。福島には2万8千頭の肉牛がいるが、安全、安心を確認すべきだ」と話した。

 生産者側からは「これから大変な現実が予想される。安心して生産するため本気、本音で取り組んでほしい」と、泣きながら現状を訴える参加者もいた。

 相馬市で肉牛約80頭を育てる同会の和田山孝明副会長は「原発事故で福島の肉牛は1頭当たり30万~50万円値が落ちている。もう、畜産農家は牛を殺すしかなくなる。因果関係を精査して、早急な対応をしてほしい」と声を上げた。

 県は南相馬市からの肉牛の移動や出荷を自粛するよう関係団体に要請。

 産地で実施するモニタリング検査を強化する方針を明らかにするとともに、汚染原因の特定を急いでいる。

>



焦って販売しこの有り様

バカでは無いのか?!

福島の農家の方々は大変な状況だと察するわけですが国に最大限の保障をしてもらい国は農家に最大限の補償をするべきです。今は販売を自粛する時期です。10年は大人しくするべきです。

と、いうのは

一度でも福島産の牛肉が放射能汚染されていたというニュースが流れると消費者は次回から買えないものです。それを焦って販売しこの有り様です。国はメルトダウンを隠し事故を過少評価し福島産は安全だとマスコミの前で自ら食べて見せた。そして”この有り様”なのです。それを食べた消費者は末代に渡り苦しむ可能性が少しでもあれば勇気を持って販売停止するべきです。


悪い例

1/2 放射能汚染と奇病


1/2 放射能汚染と奇病
http://youtu.be/fTO14WLBOSw
2/2 放射能汚染と奇病
http://youtu.be/HrB9YjNGyvA




下記のyoutube動画のコメントより

NHKはこの番組を作った精神はどこに行った?

汚された大地で ~チェルノブイリ 20年後の真実~1_5.avi

http://youtu.be/PHeq8TfSRBM



動画の始めで人が次々に死んでいく村の葬儀の後で腸に癌が出来た叔母さんが言っています。

>当時はどれくらい危険なのかよく分かりませんでした。体に異常を感じませんでしたし。後になってこんなに酷いことになるなんて思いもしませんでした。



当時原発事故というのは初めてだったので政府も世論もこのような現状を知らなかったで通るでしょうが。今は知らなかったでは済まされない。

民主党の事なかれ主義の責任 重し




NHKはこの番組を作った精神はどこに行った?



まったく仰る通りです


日本人は他国で起きた事故などは誠に立派な立ち居地から誠に立派な解説を行います。いかに他国の政府は事故に対して愚かで安易な対応を取っていたか。を、なるほどご立派な解説を付けて報道します。しかしこと自国のことになるとまったく危機感が無くなるようです。歴史認識問題ではあれだけ政府を叩けてもそれ以外のことになるとお手上げです。というよりマスコミ、特にNHKが宣伝していた民主党が政権を取ったので政府非難をしないのかもしれません。この国は、というより左翼どもは何から何までキチガイですね。





日本青年社 応援お願いします

人気blogランキングへ
[PR]
by nihonseinensha | 2011-07-10 10:28
<< 工作員政党バレる!がマスコミは... 政府のメルトダウン隠蔽事件 >>