「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

日本に「軍艦 出すぞ!」

日本が試掘したら軍艦 出すぞ!

完全に舐められている日本!武力を使った脅しが当たり前に行われている日本

日本外交の完全な失敗!

>
日本側は試掘示唆 中国側は「軍艦出す」 東シナ海ガス田開発
2007.11.16 23:08

このニュースのトピックス:福田内閣
 東シナ海ガス田開発をめぐる日中共同開発案について、日本政府は、中国側が「白樺」(中国名・春暁)ガス田を含めた日中中間線にまたがる海域での共同開発に応じるのであれば、中間線の日本側の一部での共同開発を認めることを打診していたことが16日、分かった。14日の局長級で中国側に明言した。協議ではまた、日本側が協議の停滞を理由に試掘を示唆した際、中国側が「そうなれば(中国海軍は)軍艦を出す」と発言していたことも新たに判明した。

 これまで政府は、中間線から中国側にあるガス田での共同開発を求めており、中間線の日本側は日本の排他的経済水域(EEZ)のため共同開発を認めていなかった。

 協議で日本側は、中国が領有権を主張する尖閣諸島周辺と日韓大陸棚周辺は国家主権にかかわるとして開発対象から除外する方針も伝えた。

 政府が中間線の日本側での共同開発の一部容認にかじを切ったのは、中間線付近の海域で日本側が軟化姿勢を示すことで、中国から譲歩を引き出し「日中関係に強いとされる福田康夫首相の初訪中で具体的成果を確保する」(自民党筋)ねらいがある。

 こうした中、町村信孝官房長官は16日、中国の崔天凱駐日大使と首相官邸で会談。年末以降で調整中の首相訪中までに問題を決着させたいとの意向を表明。崔大使は「共に努力し、早期に妥当に解決する誠意と決心を有している」と述べた。

 温家宝首相が今年4月に訪日した際に発表した日中共同声明では、「今年秋までの共同開発の具体的方策の報告」が確認されている。

 共同開発海域で合意が得られれば、両国は一定期間同海域での境界線画定を棚上げし、(1)開発費を両国が半額ずつ負担する(2)産出される天然ガスなどの権利を双方で折半する-などの内容で2国間協定を結ぶ方向だ。ただ、中国側は「係争海域は日中中間線と(中国が主張する境界線の)沖縄トラフの間だ」との姿勢を崩していない。
 
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/071116/plc0711162309015-n1.htm

>





日本が試掘したら軍艦 出すぞ!
とはご挨拶だな?! 軍艦を出すぞ!と言うのは政治的交渉で言うべき言葉では無い!その言葉を吐く時は戦争を仕掛ける相手、喧嘩をする相手に吐く言葉だ!

例えば、一般社会で"誰かと誰かが"交渉していて交渉が思惑通りにいかなくなった相手が"ナイフを出すぞ!"と言ったらどうなる?もはやこの相手は話し合い・交渉する相手では無い!ナイフを出すぞ!と言う相手と話す必要はもう無い!

政治交渉の場合 日本だけが暴力で脅されながら紳士的に話を進める必要は無い!

日本は戦争を放棄しており憲法九条の「問題の解決に武力を使うことを放棄する。」と言う憲法の一文を逆手に取られているのだ。日本の在日の噂のある政治家はその為に九条を死守したいのではないのか?


ここでも、憲法九条がネックになっているのではないのか?!




中国が日本に対して軍艦を出す!と脅している事を多くの日本国民に知らせなければならない!と思う方
    ↓
人気blogランキングへ
[PR]
by nihonseinensha | 2007-11-25 01:57 | 中国

まさしくゾンビ小沢

アレ?!死んだんじゃんかったのか?!
一瞬、死んだかと思ったら墓の底から蘇ったゾンビみたいな・・・・



『週間新潮』〈政治家・小沢一郎は死んだ。それは厳然たる事実である。代表の辞意を撤回しようがしまいが、そんな些事とは何の関係もなく--。(中略)“大連立構想”が破談に終わった瞬間、この特異な政治家の“政治生命”は終焉(しゅうえん)を迎えたのだ(以下略)〉
産経ニュース


涙を浮かべながらみんなの前にカムバック!a0103951_1010867.jpg


正式に続投宣言した小沢一郎氏。両院議員懇談会では涙をこらえるような表情も=7日午後、東京都千代田区(撮影・小野淳一)サンスポ





海自の人達は小沢のせいで涙を流した隊員もいたとか。

2007/11/15-00:09 海自艦船、23日帰港へ
 政府高官は14日夜、インド洋で給油活動に従事していた海上自衛隊の艦船が23日午前に日本に帰港することを明らかにした。同日は石破茂防衛相らが出席し、出迎えのセレモニーを行う予定。海自艦船はテロ対策特別措置法が11月1日に期限切れとなったことに伴い、2日午前零時に現地から撤収していた。





現地で涙した海自隊員は”敵前逃亡”するような心境になったのではないか?



それにしても日本は国際協力を与党と野党の鬩ぎ合いで”決まらない”と言う恥を堂々と晒し、もはや恥じも外聞も無い国だという事を世界に示した。





日本は戦争に負けた国だからいつまでも自衛隊の参戦をゴネて良いと思っているのか?




そんな馬鹿げた論理に賛成するのは中国と韓国くらいではないか?

つまり問題なのは 反対する奴は中・韓と同じ論理の上に立つと言う事を気付けカス!



「日本の自衛隊が普通の国の軍隊のように武力を自由に使えないので危険が伴うから反対」と言うのなら分かるが、左翼の反対している理由はそうではないだろ?!




戦争に負けた国だから武力を行使出来ない!

戦争に負けた国だけが海外に行ってはダメ!

戦争に負けた国だけが戦地売春婦はダメ!

戦争に負けた国だけが先制攻撃は犯罪!

戦争に負けた国だけが戦争犯罪を裁かれる!

欧米は良くて日本だけが植民地はダメ?





なんだこりゃぁ?


そうはさせねえ。







戦争に負けた国だけが・・・の件に同意の方は よろしければ

     ↓
人気blogランキングへ
[PR]
by nihonseinensha | 2007-11-15 10:46 | 日本再生全般