「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

人権蹂躪国家中国シナ


a0103951_17552631.jpg

何やら 変な格好をして射撃の練習をしているな~?






と、思ったら。





a0103951_22211982.jpg


処刑の練習でした。



凄い。










中国のチベット弾圧問題

a0103951_17595257.jpg

今回のチベットのデモで、多数の死者が出たそうです。自分の命を捨ててチベットの現状を世界にアピールしたわけです。

自分の国の為に命を犠牲にすると言うチベット人に平和ボケした日本人は気づかなければなりません。



シカトする平和論者

上の公開処刑も下記の人間狩りも相当酷い人権蹂躪問題です。にも関わらず ほとんどの左翼団体・平和団体はシカトです。

あれだけ、人権・平和と煩っていた平和論者は、全て偽平和論者で単なる反日である事がバレました。


この件は閻魔帳に付けておきましょう。





a0103951_1813732.jpg


本物の人間を使った射撃 動画
http://www.youtube.com/watch?v=-6Fu2FNBFAU
a0103951_18264582.jpg


これが数十年前の映像などでは無く 現在の映像で間も無くオリンピックを開催する国の所業と言う所が凄い!


何のこたー無い?! 現在もバリバリに人間狩りが行われていたのです。



遠い所から望遠レンズを覗いて人間を射殺する国 と言うのが、存在していたのです。

恐らく、法輪功学者の弾圧等もあれだけの被害者の惨状を見れば、中国当局が「何をやっても構わない!」と言う支持を出しているのだろう。

一警察官が 一兵士が勝手に虐殺を出来るはずが無い!

これは国家ぐるみの畜生の所業なのだ!



虐殺国家にオリンピックをする資格は無い!と思われた方は

 ↓
人気blogランキングへ
[PR]
by nihonseinensha | 2008-03-18 19:09 | 中国

調査捕鯨船妨害で日本人三人負傷

一番の解決策はシーシェパードなる海賊が今度乗り込んで来たら、捕まえて虐殺して、棺桶に入れてお返ししてあげるのが一番なのだが・・・・なかなか難しい問題ですな~。。ブッ
a0103951_23115427.jpg
日本人が目を覚ますか?

それとも、寝たままか!



それ!日本人はされるがままだぞ!どんどんやれ!ってか?!



薬品入りのビンを投げ込むシーシェパード



ワッハッハッハッ

サムライの国が聞いて呆れる!実は腰抜けの国なのだ!


本当に困ったもんですね~。弱くなった日本人には。。


誰が悪いかと言うと、攻撃されても怒らない日本人なのです。


そう言えば高校の時に、イジメられっ子でサンドバッグのように殴られても蹴られても怒れない奴がいたが、その子への教師の指導は”忍耐”って言ってたはずだ。しかし見ていてそれは間違いだった。イジメ屋は反応があるまでどんどん厳しい攻撃をエスカレートさせていった?! その子に対する適切指導は「格闘技を習って反撃せよ!」だと思う。実際にイジメは酷くなったわけだからな。日本の現状と同じだ。


youtube版

http://jp.youtube.com/watch?v=Gy9PkuzmIWU&feature=related

http://jp.youtube.com/watch?v=ETaHPEjSYQA&feature=relateda0103951_23304711.jpg

世界の笑いもんですがな日本人は。日本人の美徳を履き違えた愚かなサムライの末路だ!こうまでされてもまだ紳士ぶって猫も食わない綺麗事吐く奴はそいつが代わりに薬品のビンを食らえや!







a0103951_23445868.jpg












シー・シェパード、また調査船を攻撃 日本側3人負傷
2008年03月03日13時47分

 水産庁に入った連絡によると、日本時間3日午前7時10分ごろ、南極海で調査捕鯨をしていた日本鯨類研究所の調査母船、日新丸(8044トン)に対し、米国の反捕鯨団体「シー・シェパード」の船が側面から近づき、異臭を放つ液体入りの瓶や白い粉の入った袋を投げ込んだ。乗組員1人と同行している海上保安庁の保安官2人の計3人が目に液体が入るなどの軽傷を負った。

 水産庁によると、日新丸は2日朝から、シー・シェパードの船による追尾を受け、丸1日が過ぎた3日朝から妨害工作が始まったという。妨害は約1時間にわたって続き、現在もシー・シェパードの船は日新丸と並走している。シー・シェパードは今年1月にも活動家の2人が捕獲調査船の第2勇新丸に制止を振り切って侵入して身柄を一時、拘束される事件を起こしている。身柄を豪州政府側に引き渡した直後にも瓶を投げつけるなどの妨害をしており、昨年11月に日本を出発した今回の調査捕鯨船団に対する、シー・シェパードによる妨害工作は今回で3度目となる。

 6日からはロンドンで国際捕鯨委員会(IWC)の中間会合が行われる。捕鯨賛成派と反対派の対立で、冷静な議論ができない状況となっているIWCを正常化させるのが目的。会合にはシー・シェパードの船籍があるオランダと、母港となっている豪州の代表も出席する見込み。水産庁の成子隆英遠洋課長は「会合で、船舶の安全を守る観点から、抗議や、なんらかの提案を申し入れることはありうる」としている。

    ◇

 町村官房長官は3日午前の記者会見で、米国の反捕鯨団体シー・シェパードの日本船への妨害行為について「誠に許し難い行為だ。日本政府として強く非難する」と述べた。さらに「最後の寄港国である豪州に遺憾の意を表すとともに、旗国のオランダ等に対して有効な措置を講じるように申し入れを行う」と語り、今後、関係国に妨害行為についての対応を促す考えを示した。

アサヒ・コムトップへ





調査捕鯨妨害で 海保が初の捜査 シー・シェパード立件へ

抗議船は日新丸と併走中だが、日新丸以外の調査船に被害はなく、調査捕鯨は継続している。

 シー・シェパードの活動に関しては、平成18年度の妨害行為について、警視庁が威力業務妨害容疑での立件を視野にした捜査をしている。

 18年度の調査活動で妨害活動が行われたことから水産庁が海保に乗船を要請。19年度の調査捕鯨から初めて海上保安官が調査捕鯨船に乗り込んでいる。

 今回の事件をめぐっては、水産庁がシーシェパードに抗議するとともに、外務省を通じてSI号の船籍国であるオランダと母港を提供している豪州の両政府に強く抗議を申し入れた。6日からロンドンで開かれる国際捕鯨委員会(IWC)中間会合でも「関係者と今回の問題をしっかり協議する」(白須敏朗農林水産事務次官)考え。

 町村信孝官房長官は会見で「誠に許し難い行為だ。強く非難する」と述べた。

産経
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080303/crm0803032330047-n2.htm







よろしければ強い日本の為に

 ↓
人気blogランキングへ
[PR]
by nihonseinensha | 2008-03-05 23:32 | 日本再生全般