「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ロシアに青年戦士乗り込む!

ロシアに直接交渉

ロシア訪問に関しての御報告 

訪問先は、モスクワ・クレムリン、外務省、国防省、プリマコフ前首相との会談、サンクトペテルブルグ大学、共産党本部
a0103951_4575122.jpg

                  ロシア外務省
日本青年社総本部サイトより

平成21年3月17日

日本青年社総本部 ロシア訪問団実行委員会
-------------------------------------------------------------------------------
 予てより御報告申してまいりました、ロシア訪問に関しまして、3月17日、成田国際空港より31名の勇猛戦士全員が一丸となり、それぞれの使命感をもって元気に出発いたしました事を御報告申し上げます。

 出発までに際し数々の御理解と御交情を頂きました事、まず以って感謝と御礼を申し上げる次第であります。

 今迄に配布してまいりました文書を精査し、3月10日付けを以って手を加えた最終本文といたしました。これは、ロシア国主要機関に手渡す文書であります。

 訪問先は、モスクワ・クレムリン、外務省、国防省、プリマコフ前首相との会談、サンクトペテルブルグ大学、共産党本部などであります。

 尚、3月17日付けをもってインターネットで広く公開していきます。

 様々な意見も有る事では有りますが、我々は国益に則り、一歩々々確実に前進することを目的とするものであり、我々は我々に与えられた役割を十二分に果たしてまいる次第であります。

a0103951_511196.jpg

                  ロシア国防省
【 その他、ロシア訪問について】
ロシア訪問に関する日本青年社の意義説明
-この度のロシア訪問いついて -
--------------------------------------------------------------------------------
 この度のロシア訪問は3年前の11月、ロシア政府関係者から私ども会長に対して、日ロ政府間で膠着している北方領土問題の解決に向けた会談を行いたいので、ぜひロシアに来て頂きたいとの打診がありました。然し、余りにも突然の話しであったことから、私どもは、それ以来、粛々と会議を重ねながらロシア問題専門家や政治家、また北方海域の漁民や関係者等から多くの意見を聞き取るという長い作業を続けてきました。

 そのような折の昨年4月、私ども会長は、東京・狸穴のロシア大使館において在日ロシア大使と直接会談を行いました。9月にはロシア政府から私ども会長にサンクトペレルブルグ大学において、学生たちにぜひ講演してほしいとの招待状が届きました。その後、この問題について幾度かの会談と調整を経て、最終的には日本青年社から30名がロシアを訪問するに至ったのであります。その後の経緯につきましては既に報告してきました。また、本日は、最終調整の済んだ正式文書を発表させていただきます。勿論、私ども日本青年社の基本方針は、北方四島の返還を強く要求する立場にある訳ですから、この度のロシア訪問は、そのことを踏まえて、日ロ間において未解決となっている領土返還の解決に向けた国家レベルの交渉の扉を開くという重大な意義と目的があります。

a0103951_521084.jpg

          日本青年社会長が講演を行うサンクトペテルブルグ大学

新時代を拓くロシア訪問に関して-日本青年社の総意に基づく意見・要望-
--------------------------------------------------------------------------------
 皆様こんにちは。 本日は、このような素晴らしい場所において、私達の意見やその想いを述べる機会を作っていただきました各関係各位の皆様方、そして会場にお集まりの皆様方に心より感謝と御礼を申し上げる次第であります。

 私達は日本国内において、日本の伝統精神や文化を尊重する立場から、もっとも急進的な意見や、行動をとると目されている、いわゆる右翼と呼ばれている民族派団体の日本青年社と申します。

 私達は日本国憲法に則り、思想と信仰の自由を与えられております。私達団体は日本国政府総務省より許可を受けた認可団体であります。

 この度、私達は日本国と貴国ロシアとの相互理解を深め、更なる友情のもと、両国の発展と世界の平和に、寄与するという目的を持って参りました。

 その事が、これからも続く子供や孫の代にとって、幸せなことと信じるからであります。しかし、両国にとって避けては通れない重要な課題が残されていることも、事実であります。

 それは、わが国日本の北に位置する領土問題であります。

 かつてソ連邦時代に日ソ共同宣言が取り交わされました。

 その後ロシア時代となり、元大統領であるエリツィン氏、元日本国総理大臣 橋本龍太郎氏の間でも領土問題が話題に上りました。
 しかし、その後なんら進展なきままに、現在にいたっております。

 我が国の漁民は、不安と恐怖の中で漁を行い危険な日々を過ごしているのが現実であります。

 私達は、一日も早い問題解決を望んでおります。 

  戦後六十有余年を過ぎた現在、北方の領土には貴国の多くの人達が生活をし、現在はそこが生まれ故郷となっている方々も沢山おります。

 そしてまた、その地には先祖を敬い、慰霊するための大切な墓地も数多くあることだと思います。

 私達は、我が国の漁民の安全を願うとともに、貴国の島民の皆様の幸せをも願うものであり、交渉が進展しなかったのは、長きに渡り外交交渉を中断してきた日ロ両国の政府、外務官僚、強いては日ロ両国民の責任でもあることを痛感しているところであります。

 時代は二十一世紀を迎え、世界は大きくグローバル化に向っております。

 わが日本国内においても貴国ロシアの方々と結婚し、両国の宝とも言うべき子供たちも見かけるようになりました。大変素晴らしく美しい光景であります。

今後、益々進展していくであろう両国の関係は、なんら障害の無い晴れやかなものとしなければなりません。

 私達は、両国の経済発展はもとより、両国の文化、風土、歴史、心情等々多岐にわたり、理解を重ね、揺るぎない友好関係を築き上げることを目的としたいものであります。


 ここで私達は一つの提案をさせていただきます。

 日本国とロシア国が深く手を取り合い、前進する為の日露友好推進協議会を設立し、相互が親しく行き交い、もっともっと深き関係を構築することが不可欠であると思います。

 そうすれば、両国間に横たわる諸問題等については様々な方法論を以って解決できるものと信じております。

 日露友好推進協議会の設立によって、両国の関係が深まり、数々の経験が大きな知識となり、必ずや両国の友好と発展をなし得るものと、私達は確信するものであります。

 最後となりますが、私達の基本的立場は四島返還を強く求めるものであります。

 しかしながら、日ロ間における領土問題が解決されないまま長い年月を経過した現在、新たなる方策をもって問題解決に取り組むことを目的とするものであります。

a0103951_551935.jpg

                         首都 モスクワ

ロシア訪問に対しての日本青年社の正義とその決意
日本青年社 ロシア訪問団団長
杉 山  洋
--------------------------------------------------------------------------------
 我々日本青年社は、並々ならぬ決意を持って、ロシア訪問団を結団し、ロシア国の中枢、モスクワ・クレムリンとサンクトペテルブルグに於いて日本民族の気概を示し、永年にわたる領土問題の決着への道を拓くことをここに高らかに宣言します。

 我々日本青年社は、右翼・民族派として、領土問題に対し、徹底的な闘いを展開してきました。

 昭和五十三年、中国政府は尖閣諸島の領有を主張し、武装漁船団が大挙して不法侵入を繰り返し、我が国に威嚇行動を行ったことに対し、日本青年社は「尖閣諸島上陸決死隊」を結成し、果敢に魚釣島に上陸、同年八月十一日、日中友好条約調印の前日、魚釣島一号灯台の建設に成功しました。この小さな「尖閣の灯」は、世界に向かって尖閣諸島は日本の領土であることを示し続けてきたのであります。

 日本青年社は日本の政府、国民が「やりたくてもできない」問題を、自らを犠牲にしつつ困難に立ち向かうことを結成以来の精神として持ち続けてきたのであります。

 尖閣諸島領有活動と同時に日本青年社は北方領土返還運動、反ソ運動を精力的に展開してきました。政府が二月七日を北方領土の日と制定したことを受け、直ちに国民運動として「北方領土奪還・全国統一行動」を展開しました。ソ連大使館に対し、一千五百名以上の同志が徒歩デモにより抗議し、その激しさは海外メディアが一面を飾るほどであり、当時としては最大級の運動であり、恐らく現在に至るも、民族派の運動としてはそれ以上のものを聞いたことはありません。更にソ連軍によるアフガン侵攻に対し、世界中の国々が沈黙を守る中で、日本青年社は敢然とアフガンゲリラと共に銃を持ってソ連軍と闘い抜きました。文字通り、命を懸けた闘いをソ連軍撤退まで続けたのです。このようにして日本青年社はソ連にとって最大の敵になったのであります。

 二十一世紀を迎えて日本青年社は「右翼・民族派改革元年」を宣言し、自らの体質の改革と、国家と国益に準ずる組織に脱皮しました。又、昨年は「保守民族派」を宣言し、国民、国家に対し責任を持つ組織に成長してきたのであります。

 一方共産党支配下のソ連は自己崩壊し、新生ロシアとして再建されました。

 しかし、北方領土に関しては旧ソ連時代のまま四島の占領を続けており、一向に問題解決のメドは立っておりません。このような状況の中で、ロシア政府から日本青年社に対し、訪問の打診があり、日本青年社はこれを受けたのであります。政府間交渉で行き詰まっているこの問題を我々の努力で打破することが出来ないだろうか。日本国民の声、意志を正しくロシアの国民、政府に伝え、ソ連時代の誤った領土支配を正さなければなりません。ロシアが民主主義国家として日ロ新時代を築く為には、北方四島の返還が大前提にならなくてはならないのです。我々は国際社会の常識として堂々と主張しなければならないし、このことにより我々は日ロ新時代、日ロ友好を成功させることが出来るのであります。

 我々はルビコン河を渡った。かつて「最大の敵」であった我々を招いたロシア側の真意を図りかねるところもあるが、胸襟を開いて話し合うという相手側の誠意に対し礼を失することなく正々堂々と対応しなければならないでしょう。

 日本青年社は今回の訪ロを天が与えた最大のチャンスと捉え、国民と国益の為に全力を尽くすことをここに宣言し、決意表明と致します。




>>>>>>>>>>>>>>>


・北方領土ライブカメラ
http://www.hoppou.go.jp/webcamera.html
下のカーソルがカメラ左右角度 右横のカーソルがカメラ上下 右端がズーム






こちらの応援も
応援クリックを!

人気blogランキングへ
[PR]
by nihonseinensha | 2009-03-18 02:22 | 北方領土問題

警察 日教組援護

警察 日教組の大会をキャンセルしたプリンスホテル社長を書類送検

日本国を貶める集会を拒否したら日本国から叱られた?

これじゃーやる気なくなるよな。

記事引用
(2009年3月17日03時04分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090317-OYT1T00005.htm?from=navr
>
教研集会予約取り消し、プリンスホテル社長ら書類送検へ 
昨年2月の日本教職員組合の教育研究全国集会(教研集会)で、「グランドプリンスホテル新高輪」(東京都港区)が大会の会場予約を一方的に取り消した問題に絡み、同時に宿泊予約を解除したのは旅館業法に違反するとして、警視庁は17日、同ホテルを経営する「プリンスホテル」(豊島区)の社長ら数人を書類送検する。

 予約の解除は社内会議を経て決定されていたことから、同庁は、経営陣が同法の趣旨に反し、恣意(しい)的に宿泊客を選別したとして、刑事責任を問う必要があると判断した。

 書類送検されるのは、同社の渡辺幸弘社長(61)と、グランドプリンスホテル新高輪など系列3ホテルを統括する小山正彦総支配人(52)ら数人と、法人としてのプリンスホテル。

 旅館業法では、宿泊施設に対し、どの利用者にも公平なサービスを提供するよう求め、〈1〉伝染病〈2〉施設に余裕がない――など特段の事情がある場合を除き、宿泊を拒否することを禁じ、違反すれば、2万円以下の罰金を科している。

 捜査関係者によると、渡辺社長ら2人は、日教組が教研集会の会場として予定した「グランドプリンスホテル新高輪」の宴会場について一昨年11月、一方的に予約を取り消した際、正当な理由がないのに、教研集会開催日前後の4泊分の同ホテルと「グランドプリンスホテル高輪」の客室計190室分の予約を解除した疑いがある。

 同社は、宴会場の予約を取り消すにあたって、弁護士らもまじえた社内会議を開いたうえ、小山総支配人が宿泊の予約を同時に解除することを決め、渡辺社長もこれを了承していた。渡辺社長は任意の事情聴取に容疑を認めているという。

 この問題では、日教組が一昨年12月、予約の取り消し無効を求めて東京地裁に仮処分を申請し、昨年1月、東京高裁が会場の使用を認める決定を出したが、同社は従わず、昨年2月の教研集会の全体集会は中止に追い込まれた。

 これについて、同社は「全体集会が開かれれば右翼団体の街宣車が押しかけ、宿泊客や近隣の学校の入試に迷惑がかかるため、やむを得なかった」と説明。これに対し、日教組は約3億円の損害賠償などを求める訴訟を東京地裁に起こす一方、同8月には、宿泊予約まで解除したのは旅館業法に違反するとして同庁に告発していた。





狂ってますな。というよりどうしようも無い国 ここは左翼・在日の国なんだ。

履き違えた民主主義の弊害。法は平等だとか、法冶国家だとか何でもいいんだけど、法は日本国の国益優先でなければその法は間違っているウンコだ。他国が有利になる法等は狂っている。従う必要は無い。

動画↓子供達を日教組の大会に強制参加させ日米安保反対の劇をさせている鬼畜左翼達

日教組 徹底研究 1/5
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=aus8S3jy9PI
日教組 徹底研究 2/5
http://www.youtube.com/watch?v=ssRbFpLNWX0&NR=1
日教組 徹底研究 3/5
http://www.youtube.com/watch?v=0x5eKCc5qfk&feature=related
日教組 徹底研究 4/5
http://www.youtube.com/watch?v=PSDUIa3SCL8&feature=related
日教組 徹底研究 5/5
http://www.youtube.com/watch?v=Dczp2B4U8-E&feature=related

横田めぐみさん他200名にも上る拉致被害者を見殺しにしようとしていた人達 70年代から80年代にかけて横田めぐみさんらが拉致されていた時に日教組はデッチアゲ等とほざき北朝鮮に訪問団を送っていたゴ゜リゴリの反日組織 今は案の定 極左民主党を応援しているのだと。


在日団体、反日団体、民主党とズブズブのズコズコの反日極左集団




日本が狂っているのはそのようなキチガイ反日組織が学校で子供達に反日教育をしているという。まさにキチガイざた。平和と称して日本と言う国を幻滅させ。日本政府に対して目のくらむような怒りを植え付けさせ。日本国の国旗・国歌を侮辱するように仕向ける。日本の将来に夢も希望も与えない。

脳味噌が狂っている。いや腐っている。


日本はこのような反日組織を日本の法律で抑えられなかったというのが愚かだったのだ。米国では共産主義は法で禁止されてるそうじゃないか。そういう部分だけは米国を見習わない。

在日工作員の好き放題じゃないか。


左翼マスコミ

日教組

左翼政党



この国はちょっとやそっとじゃ立ち直らない。その事を国民 右派系保守は悟らなければならない。




>>>>>>>>>>


皆様にお願い

北方領土奪回に向け日本青年社は更なる展開を計画中です。


尖閣諸島の灯台の時のように領土奪回に向け何らかの形を出して行く為に今後、先立つ物、資金が必要になって来ます。皆様方のご理解とご賛同をお願い致します。


つきましては、寄付金代わりに新聞の購読をお願い致します。
(機関紙 青年戦士 年数回不定期発行 年会費12000円)
a0103951_21143825.jpg


必ず住所・氏名の他 ”新聞購読希望”と書いて振り込んでください。

みずほ銀行 神谷町支店
(普)1322222
ニホンセイネンシヤ サイタマケンホンブ カトウ ジュン


もちろん通常の寄付も歓迎!その場合は「寄付金として」とはっきり書いてください。

>>>>>>>>>>

・北方領土ライブカメラ
http://www.hoppou.go.jp/webcamera.html
下のカーソルがカメラ左右角度 右横のカーソルがカメラ上下 右端がズーム






こちらの応援も
応援クリックを!

人気blogランキングへ
[PR]
by nihonseinensha | 2009-03-17 06:25 | 日本再生全般

小沢の命日はいつだ?!

小沢の命日


盆と正月が一緒にやって来る日(笑)


・・・・引用開始・・・・

【小沢氏秘書逮捕】小沢氏が会見で検察の捜査を批判
 民主党は4日午前、小沢一郎代表の公設秘書が政治資金規正法違反容疑で逮捕されたことを受け、党本部で役員会を開き、小沢氏の進退問題に発展させない方針を確認した。小沢氏は役員会後の記者会見で、引き続き代表職にとどまる考えを表明するとともに、東京地検特捜部が次期衆院選を控えた時期に、強制捜査を行ったことを批判した。ただ、同党は今国会で、政府・与党に攻勢をかけ、麻生太郎首相を追い込んでいただけに、国会運営などへの影響を懸念する声もある。

 小沢氏は記者会見で、自身の進退に関し「何らやましいことはなく、それによってどうこうとは考えていない」と述べ、辞任の必要はないとの認識を示した。強制捜査については「衆院選が取りざたされているこの時点で異例の捜査が行われたことは、政治的にも法律的にも不公正な国家権力の行使だ」と批判した。

 その後、国会内で開かれた参院議員総会では、輿石東議員会長が「(小沢氏は)間違えたことをしていないのだから、責任をとる必要はない。微動だにせず本会議に臨みたい」と述べた。出席者からは、「こういう時期こそ一致団結して小沢代表を支えるべきだ」との意見が出た。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090304/stt0903041003005-n1.htm

・・・・・引用終了・・・・・
a0103951_12562351.jpg民主党本部に入る小沢一郎代表=東京・永田町、3月4日午前8時48分(鈴木健児撮影)画像参考 産経




この手首に手錠がかかる日もそう遠くない。




己の自我と欲の為に日本の愛国者を裏切り日本を左翼・在日に売った売国奴がついに逮捕される時が来たようだ?!

小沢は不公正だとか、鳩山は”陰謀の臭いがする”などと言っているがそれを言えば言うほど国民は民主党から離れて行くもんだ。自民党やフラフラ会見の中川氏の時は陰謀論と言う言葉すら新聞・テレビには出ないが民主党の場合だけ陰謀・不公正・国家権力といった単語を国民に見せる。ワイドショーで陰謀かどうかを検証までする。

まず陰謀論という言葉を使うこと事態が幼稚だ。検察が逮捕という行動を取る時は相当の裏づけがあって起こすものでそこには少なからずの犯罪が存在している。他人を追求する者は自らが綺麗で無ければならない。しかし己が一番薄汚れているのなら他人を追及出来ないし国民の上に立つ資格は無い。そんなやましいとこだらけの政治家が実権を持てば今度はあきらかに国家権力を自分都合いいように武器にする事はみえみえだ。



選挙で不利になって来た民主党は生き残りをかけ何をするか?


最悪のシナリオは 票欲しさに公明党に泣き付く可能性もあることだ。自民党でさえ公明党の支持者に恥も外聞も無く土下座までして票を貰う議員がいるわけだから、簡単に国を売る奴らにしたら、矢野純也元公明党委員長の国会参考人招致を取りやめる見返りに公明党を取り込む事も考えられる。

そうなると息を吹き返し政権をひっくり返し世界最大で最悪の左翼政権が出来上がると言うわけだ。


クワバラクワバラ


>>>>>>>>>>


皆様にお願い

北方領土奪回に向け日本青年社は更なる展開を計画中です。


尖閣諸島の灯台の時のように領土奪回に向け何らかの形を出して行く為に今後、先立つ物、資金が必要になって来ます。皆様方のご理解とご賛同をお願い致します。


つきましては、寄付金代わりに新聞の購読をお願い致します。
(機関紙 青年戦士 年数回不定期発行 年会費12000円)
a0103951_21143825.jpg


必ず住所・氏名の他 ”新聞購読希望”と書いて振り込んでください。

みずほ銀行 神谷町支店
(普)1322222
ニホンセイネンシヤ サイタマケンホンブ カトウ ジュン


もちろん通常の寄付も歓迎!その場合は「寄付金として」とはっきり書いてください。

>>>>>>>>>>

・北方領土ライブカメラ
http://www.hoppou.go.jp/webcamera.html
下のカーソルがカメラ左右角度 右横のカーソルがカメラ上下 右端がズーム






こちらの応援も
応援クリックを!

人気blogランキングへ
[PR]
by nihonseinensha | 2009-03-04 13:00 | 日本再生全般