「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

愛が好きな首相は北朝鮮の命令を遂行

愛が好きな首相は北朝鮮の命令を遂行!


何の力もない。どうせ親のスネかじって首相になったんだろう!毎月1000万円づつのお小遣いを貰う奴が何処の世界にいるんだあ?

毎月だぜ?! こちとら生まれてこのかたそんな大金を握ったことも見たことも無い。


「日本列島は日本人だけの所有物では無い!」とコヤツ何をトチ狂ったことを言うのだ?これきっと裏に何があるぞ?!と思いきや。金正日将軍様の命令を遂行する為の言い訳だったのか?



【高校無償化】金正日総書記が朝鮮学校運営に指示 「統廃合は敗北主義」
(1/2ページ)
2010.3.4 01:18
 生徒らの減少で学校の統廃合を進めていた朝鮮学校が、北朝鮮の金正日総書記の指示を受けて方針を転換していたことが3日、分かった。指示は今年1月、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)幹部を通じて伝えられたという。統廃合という学校運営の根幹部分に金総書記の意向が強く反映されている実態が浮かび上がった。朝鮮学校への北朝鮮の政治的支配は、高校授業料無償化除外をめぐる議論にも影響を与えそうだ。

 関係者によると、金総書記の指示は1月13日、全国の朝鮮総連幹部を集めて東京の総連中央本部で開かれた「総連本部委員長・中央団体責任者会議」で示されたという。会議出席者によれば、許宗萬(ホジョンマン)責任副議長が金総書記からの指示だと述べた上で、「朝鮮学校の統廃合は敗北主義である。統廃合をやめるように」との指示を伝えた。

 昭和30~50年のピーク時には生徒・児童数約3万5千人、約160校を数えた朝鮮学校は、徐々に生徒らが減少。特に金総書記が日本人拉致を認めた平成14年以降、在日朝鮮人の間で朝鮮総連や朝鮮学校を敬遠する動きが出て、生徒・児童は8300人にまで減ったという。これに伴い、73校まで統廃合されたが、うち8校は学校運営が維持できずに休校状態で、さらなる統廃合が検討されていた。

http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100304/kor1003040120000-n1.htm



左翼政権本性を現す!


こちらは

子供手当てを外国にいて日本に一度も住んでいない人達にも

日本人の血税を垂れ流す法案を強行採決!


>

亡国・日本破壊法案「子供手当」成立

  外国へ日本の税金が大量流出へ

 子ども手当 「日本人の税金なのに…」 外国人への支給、埼玉県だけで2億円超


 民主党政権が2010年度導入を目指している「子ども手当」のうち、在日外国人の海外に住む子どもに支給される総額が、県内では年間約2億1840万円に上ることが県の試算で明らかになった。鳩山首相は11年度からの見直しを示唆しているものの、「日本人の税金で、海外の外国籍の子にお金を払うのはおかしい」(自民党県議)との声があがっている。

 国会で審議中の子ども手当法案は、対象を日本人に限定せず、日本に居住する外国人の子どもにも支給される。子どもの居住場所に要件はないため、母国などに住む外国人の子どもも手当を受け取ることができる仕組みになっている。

 支給額は月2万6000円で、10年度は半額の1万3000円。現在の児童手当を基にした県こども安全課の試算では、県内の対象者は約97万6000人で、年間支給総額は約1522億5600万円になる。

 外国籍の子どもは約1万5000人(約23億4000万円)で、このうち外国に居住する約1400人に対しては約2億1840万円が支給される計算だ。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saitama/news/20100311-OYT8T01120.htm





それにコヤツは最近やたらとか友愛とかホザクようになったがこれで何を狙ってたのか分かってきた。


外国人参政権付与は「愛のテーマ」
【鳩山幹事長会見詳報】「(永住外国人の地方参政権は)愛のテーマだ。付与されてしかるべき」


 民主党の鳩山由紀夫幹事長は24日、党本部で記者会見し、 永住外国人への地方参政権付与 について、
「愛のテーマだ。地方での参政権は付与されてしかるべきではないか」 と述べた。会見の詳報は以下の通り。


 【永住外国人への参政権付与】


 --ニコニコ動画の鳩山氏の発言がネットで批判的に議論されている。「日本列島は日本人だけの所有物じゃない」という発言の真意は。韓国では2月に海外にいる韓国人に対し、国政選挙を認める法律が成立したが、大統領の決裁待ちだ。日本にいる韓国人にこの参政権を認めると、二重に投票できることになる。それでも日本にいる永住外国人に参政権を与えるべきか


 「私がニコニコ動画で発言したことが大変、話題になっている。国民に大いに議論してもらいたい。これは大きなテーマ、まさに愛のテーマだ。友愛と言っている原点がそこにあるからだ。地球は生きとし生けるすべての者のものだ。そのように思っている。日本列島も同じだ。すべての人間のみならず、動物や植物、そういった生物の所有物だと考えている。この中でそれぞれが自立しながら共生していく世の中を、どうやってつくっていくかということが、ある意味での日本、世界に生きる人々の最大のテーマになるのではないか。今日までに、世界は弱肉強食に行きすぎたと。その前は、日本は依存に行きすぎたと。依存でもない、弱肉強食でもない「自立と共生」をいかにうまくマッチさせるか、バランスをとるか、それが友愛の精神だと思っている。


 そこに住んでいる人たちを排斥をするという発想ではなく、そこにいる人たちの権利もできるだけ認めて差し上げる。一緒に多くの税金を日本人と同じように払ってこられた方々の権利を認めて差し上げるべきではないか。そのことによって、お互いの違いを認めながら、それを乗り越えていけるのではないか。そのように私は強く感じている。


 友愛精神の発露で、世の中、ヨーロッパは大きく変動してきている。日本は鎖国をしているわけではない。もっと多くの人に喜んでもらえる、そして、そのためには、私が言っているのは地方参政権ですから、地方での参政権は付与されてしかるべきではないかと思っている。国政における参政権を認めてしまうと、今、話があったような二重の選挙権みたいな話になろうかと思っているので当然、地域における選挙権の行使を、その地域で働いている方々には与えて。当然、それなりの資格も必要だと思っているが、条件のもとで認められてしかるべきではないか。世界では25の国がこのような権限を付与しているので、相互主義に基づくという発想も重要だ」








愛はベットの中だけにしておけばよいと思うのですが、いかがなものでしょう。

おっぱい星人 (oppai_alien) on Twitter
日本をおっぱいで埋め尽くすためにおっぱい星からやってきた性器の味方!愛の鳩山星人




甲斐性無し首相にはおっぱい饅頭を食らわせ!

人気blogランキングへ
[PR]
by nihonseinensha | 2010-03-13 00:08