<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

犯人を釈放したのは日本の首相だった!

犯人を釈放したのは日本の首相だった!


尖閣、船長釈放 「菅・仙谷氏が政治判断」 松本前参与が証言

まずは↓
人気blogランキングへ
戻る時はPCの「戻る」ボタンで戻ってください

a0103951_5431637.jpg


産経新聞 平成23年9月26日

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110926/plc11092611290009-n1.htm

尖閣、船長釈放 「菅・仙谷氏が政治判断」 松本前参与が証言

 菅直人政権で内閣官房参与を務めた松本健一氏は産経新聞社のインタビューに対し、昨年9月に起きた尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で逮捕された中国人船長を処分保留のまま釈放したのは、当時の菅首相と仙谷由人官房長官の政治判断によるものだったと明らかにした。
 「政治判断」を否定した菅氏らの説明と大きく食い違う証言といえる。
                   ◇
 松本氏は参与就任前だったが、仙谷氏から事件への対応について相談を受け、菅氏とのやりとりを知る立場にあった。これまでにも当時の閣僚や政府高官が「釈放は菅氏の指示で行われた」と証言していたが、実名で明言したのは初めて。
 松本氏によると昨年9月8日に船長が公務執行妨害容疑で逮捕された後、検察側が証拠となる漁船衝突時のビデオテープを首相官邸に届けた。それを見た官邸側が「テープ自体が証拠にならないとの致命的なミスがあり、公判にたえられず、有罪にもならないと判断した」という。
 政府内では「断固として裁くべきだ」との主張もあり、船長の勾留期限が9月19日に10日間延長された後も調整が続いた。松本氏は「菅首相が(ニューヨークでの)国連総会の最中に仙谷氏に電話をかけて、釈放するかしないかでやりあっていた」とした上で、「最終的には菅首相が(釈放を)判断した」と説明した。
 那覇地検は9月24日、船長を処分保留のまま釈放することを決定。中国人船長は翌25日に帰国した。地検は釈放について24日の記者会見で「わが国国民への影響や今後の日中関係を考慮すると、これ以上身柄を拘束して捜査を続けることは相当ではない」と述べた。
 決定に対し、仙谷氏は記者会見で「地検独自の判断だ。それを了とする」と述べ、政治判断ではないと強調した。菅氏も25日のニューヨーク市内での会見で「検察当局が事件の性質などを総合的に考慮し、国内法に基づいて粛々と判断した結果だ」と語った。
 当時の検察幹部らは釈放について「検察の判断だった」と主張している。

http://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/snk20110926065.html

尖閣、船長釈放 重大な虚偽か早急に解明を
2011年9月26日(月)08:00

 昨年9月の中国漁船衝突事件で中国人船長が処分保留で釈放されて1年。仙谷氏のブレーンとして官邸の事情に通じた松本氏が「釈放は官邸側の政治判断で行われた」と証言した意義は大きい。仙谷氏らは「政治判断ではない」と強弁してきたが、それが国民を欺く「歴史的な虚偽」だった可能性が高まったからだ。
 釈放という判断に至った理由を、松本氏は「官邸が証拠となる地検のビデオテープに瑕疵(かし)があり、起訴しても公判にたえられないと判断した」と説明したが、あくまで裁判で判断を仰ぐべきであって、事前に政治が判断してはならない。
 しかも、松本氏は「瑕疵」の内容について言及を避けた。これについて、検察幹部は「ビデオテープの証拠能力に問題はなかった。『政治の圧力があった』との批判を避けようと、証拠上問題があったと官邸側が弁解をしているように聞こえる」と話す。
 那覇検察審査会も7月21日、ビデオを含めて証拠を判断したうえで、中国人船長を強制起訴すべきだと議決した。
 政治が検察に介入する手段としては、法相による指揮権発動が法的には認められているが、船長の釈放は到底、その目的に適合する案件ではない。
 船長の逮捕から釈放に至る過程では、中国の度重なる抗議やレアアース(希土類)の対日輸出禁止報道、中国当局による中堅ゼネコン「フジタ」の社員拘束など恫喝(どうかつ)ともいえる言動があった。
 これらによる中国との関係悪化を避けようと、政治が事実上司法に介入しながら、船長の釈放は「地検独自の判断だ」(仙谷氏)との形を取り繕ったとしたなら「重大な虚偽工作」といっていい。
 事件は船長釈放から1年が過ぎ風化しつつあるが、「政治判断ではない」という政府の見解が虚偽であるならば、放置はできない。歴史に「ウソ」が「ウソ」のまま残るからだ。
 今からでも遅くはない。国会は菅、仙谷両氏ら当時の関係者を招致するなどして、真相解明に早急に取り組むべきだ。(高橋昌之)

■「瑕疵は言いがかり」
 元検事の郷原信郎弁護士の話「検察は証拠となるテープなどの中身を慎重に見て判断している。瑕疵があるというのは全くの言いがかりだ。本来は司法判断すべきものについて、官邸側が判断することはあってはならない」

http://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/snk20110926075.html
尖閣、中国人船長釈放で松本前参与「官邸側が判断した」
2011年9月26日(月)08:00

※産経新聞社による松本健一氏へのインタビュー

--船長はなぜ釈放されたのか
 「那覇地検が大きなミスをしていたから。地検から首相官邸に証拠となるコピーのビデオテープが届いたが、重大な瑕疵(かし)があり、(起訴しても)公判がたえられない、有罪にもならないと官邸側が判断した」
--重大な瑕疵とは
 「それはあまり明かしてはまずいので…。仙谷由人官房長官が検察担当者に質問をして、瑕疵があると分かった」
--政治判断があったというわけか
 「誰がミスをしたか責任追及をしないために高度な政治判断があった。仙谷氏は菅直人首相が(釈放の)指示をしたというのではなくて、地検が(釈放という)判断をして釈放することにしたという報告がきたので、(首相官邸は)それを了としたという言い方にした」
--事件発生後の経緯は
 「閣内では事件発生当初、菅氏や前原誠司国土交通相のように『証拠もあるわけで、国内法にのっとり断固として裁くべきだ』との考え方と、『釈放すべきだ』との立場に立つ仙谷氏の2つの意見があった」
--最終的に釈放という判断に至ったのは
 「それは裁判が維持できないから。最終的には菅首相が判断したわけだ」
--菅氏が指示を出したのは事実か
 「そうでなきゃ、釈放なんかできないでしょ、最終的に。あれだけの外交問題になっていたわけだから。菅氏は国連総会の最中に仙谷氏に電話をかけて、釈放するかしないかでやり合っていた。仙谷氏は官邸から一歩も出ずに夜中に首相と話し合っていた」
--菅氏が仙谷氏に押し切られたということか
 「仙谷氏の方に正当性があると。(菅氏も)裁判が維持できないと納得した。電話のやりとりの中で(釈放するとの)2人の合意がなされた。それは船長が釈放される2、3日前だ」
--なぜそうしたのか
 「菅さんは自分に責任がかかってくる問題は避けたがっていた」
--釈放は菅氏と仙谷氏の2人で決めたのか
 「少なくとも官房副長官くらいはいるかもしれないが、政治家が決めた」
--官邸側の誰が法務省・地検側に釈放しろと命令をしたのか
 「少なくとも菅氏はしていないでしょう。仙谷氏の可能性が高い」
--官邸側の指示で検察が動いたといえるか
 「それはそうですね」
--事件について菅、仙谷両氏のやりとりをどのように聞いていたか
 「当時はまだ内閣官房参与ではなく(翌月の)10月15日に任命された。だが、事件の最中も、こういう電話が首相からあったとか、中国とのホットラインはあるかとか、なぜ中国側はああも強固なのかとか(仙谷氏から)相談を受けていた」
--仙谷氏にはどんな意見を伝えたのか
 「(検察側の準備した)証拠に瑕疵があるなら裁判は戦えないとか、釈放するなら勾留延長する前にしておけばよかったとかは言った」
--菅政権の対応が迷走したのは
 「菅氏だって前原氏だって法律的なことをちゃんと知らないわけでしょ。実は政府ではこうした事件が起きた場合のマニュアルが平成20年に作られたが、それは起訴までで、起訴後のマニュアルは今もない」(村上智博)
 =肩書は当時
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





犯人を釈放したのは日本の首相だった!


拉致組織に数億円規模の資金援助をしている政権と首相なのでビックリもしない。
今更何を聞いてもビックリしないようになっている今日この頃である。こんな事で慣らされるのもマズイ。

産経以外の他の新聞はシカトしている。というよりもうこの件は触れたくないのか?


そう言えば菅は拉致実行犯の国際指名手配犯の釈放にも署名していたはず。仲間は全部釈放させろというわけだ。

拉致実行犯 신광수(辛光洙シンガンス)を釈放することに署名した管直人
http://www.youtube.com/watch?v=YTWMb5jtUJs&nofeather=True


拉致実行犯~辛光洙(シンガンス)
http://www.youtube.com/watch?v=15ITky7ImRc&NR=1




人気blogランキングへ
戻る時はPCの「戻る」ボタンで戻ってください
[PR]
by nihonseinensha | 2011-09-27 06:05

中国の海洋調査船、尖閣諸島沖のEEZ内を航行

中国の海洋調査船、尖閣諸島沖のEEZ内を航行


人気blogランキングへ
戻る時はPCの「戻る」ボタンで戻ってください


舐められ続けるサムライの国? 腰抜けの国になるな


中国の海洋調査船、尖閣諸島沖のEEZ内を航行

25日午後5時55分頃、沖縄県石垣市の尖閣諸島・久場島から北北東約121キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内で、中国の海洋調査船「北斗」が船尾からワイヤ状、ロープ状のもの各3本を出しながら北西に航行しているのを、海上保安庁の航空機が確認した。

同船は午後10時13分、ワイヤなどを引き上げ、引き続きEEZ内を航行している。

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、中国側から事前に、日本のEEZ内で科学調査を行うと外務省に通報があった。海保が航行を確認したのは、通報海域とは別の場所だったため、無線で「事前の同意とは異なる海域での調査は認められない」と通報したが、応答はないという。外務省は同日、中国側に「同意を得ていない調査は認められない」と申し入れた。

(2011年9月26日01時04分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110926-OYT1T00071.htm



【漁船衝突事件から1年、尖閣沖 今も中国船横行 : 最新ニュース特集 : 九州発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)】

沖縄県・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件から7日で1年を迎える。海上保安庁によると、周辺海域では今も多い日には約50隻の中国などの漁船が確認され、8月には中国の漁業監視船が領海に侵入した。地元漁師らは「領土や領海を守る姿勢を国がしっかり示さなければ状況は変わらない」と不満を募らせている。

 海保によると、尖閣諸島周辺で今年、外国漁船が領海に侵入し、退去警告を行ったのは29件(8月末現在)。昨年同期の137件と比べて減少しているが、昨年は9月以降300件近くの退去警告を行っており、海保幹部は「今後急増する可能性もあり、予断を許さない」と警戒する。

 地元の漁業関係者らは衝突事件後、横行する違法操業などへの毅然とした対応や尖閣諸島への灯台設置などを政府に要請。しかし、尖閣諸島に近い沖縄県・与那国島の中島勝治・与那国町漁協組合長(45)は「尖閣周辺をうろつく中国漁船や、政府の対応は何も変わっていない。海保は頑張ってくれていると思うが、国の姿勢がフラフラしていてはダメだ」と不満をあらわにする。





腰抜けなのではなく日本には中国の家来のような政治家やハニートラップで中国の工作員になってしまわれた議員が大量にいるのでどうしようも無いというのは分かるが。それにしても酷すぎやしないか?!保守政治家は今まで何をしていたのですかね?

今まで民主党が政権を握っていたというわけではない。自民党だ。

領土問題等は政府まかせだと、どんどん悪くなって行くのだろう。


強引にでもして政治問題、経済問題を恐れず早くヘリポートの建設を行うべきだ。こうやって時間だけが経過すれば日本の政治体制では不利な立場に追い込まれる。


民主党により米軍が日本から撤退させられる前に自衛隊の基地建設が必要!


尖閣諸島のどの島でもいいから自衛隊のヘリポートや港が必要でしょうね。島の敷地内だけで足りなければ埋め立てするなどして空港や宿泊設備等 要塞化するべきでしょう。



米軍がいてもこれなら

もし左翼らの思惑通り米軍が撤退すれば中国は好き放題してくるだろう。

核の傘の無い日本は裸の王様




その通りです↓と思う方

人気blogランキングへ
戻る時はPCの「戻る」ボタンで戻ってください
[PR]
by nihonseinensha | 2011-09-26 04:09