<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

鬼畜ロシア 北方領土は第二次大戦の成果とのたまう

露助が生意気にも

北方領土は第二次大戦の成果とのたまう


政治、経済で関係強化を 領土問題では現実直視要求 露外相、書面回答
2012.1.26 21:08
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120126/erp12012621100011-n1.htm
>
ロシアのラブロフ外相が26日、今月28日の訪日を前に共同通信との書面インタビューに応じ、アジア太平洋地域の重要な隣国同士であるロシアと日本が政治対話や経済関係を深化することで、地域や世界の安全保障に貢献できると述べ、日ロ関係強化に強い意欲を示した。

 懸案の北方領土問題については「第2次大戦の結果、合法的にロシア領になった」との現実を受け入れるよう日本側に求め、静かな環境で解決を目指すべきだと従来の立場を繰り返した。

 外相が日本の報道機関とのインタビューに応じるのは、昨年9月にプーチン首相が今年3月の大統領選出馬を表明、大統領職復帰の意思を示して以降初めて。日ロ関係強化を目指すプーチン「次期政権」下での対日外交の方向性を占うものと言えそうだ。(共同)
>




ロシアは第二次大戦では日本と戦争をしておらずそれが戦争末期に日本は原爆を落とされるというドサクサにまみれて何故かロシアが勝手に北方領土に踏み込み侵略したのだから問答無用で日本に返還し損害賠償も日本に支払う義務がある。

鬼畜の所業をやってのけてた卑怯者には話し合いは後で天誅や仕置き拷問が必要なのだ。が国際社会の発言力は軍事力に比例するから日本は左翼が支配しているうちは土下座しながら交渉するしかないのが痛いところだ。




取り合えずロスケを見つけたら殴っていいよ。

国同士は軍事力の差と国際ルールがあるので日本は何も出来ないが民間人同士であれば勝手だ。



あるいは
自衛隊が間違ってロシア(北方領土守備隊)にミサイル攻撃を行ったり、露大使館占領したり。爆弾抱えて自爆攻撃したり、露の要人を人質にしたりすると

解決の糸口がググッ見えてくる。

考えるのは後でいいからやってみなって。いい形になるから。




それと早く左翼を始末して9条を改正し国軍を作る必要がある。









日本青年社へ応援よろしく↓
人気blogランキングへ
戻る時はPCの「←戻る」ボタンで戻ってください
[PR]
by nihonseinensha | 2012-01-31 07:13

新藤氏尖閣諸島有人化の必要性強調

新藤氏尖閣諸島有人化の必要性強調


自民・新藤氏、「尖閣諸島」有人化の必要性強調 党会合で視察報告
2012.1.26 11:35
>
 沖縄県・尖閣諸島周辺を海上視察した自民党の新藤義孝衆院議員は26日、党の「領土に関する特命委員会」(石破茂委員長)で、視察内容を報告した。新藤氏は「周辺に豊富な漁場があるのに使われていない」と有人化の必要性を強調。周辺で操業する漁船のための避難港や気象台など公共施設の整備を行うよう訴えた。

 視察は21日未明に漁船で石垣島を出発。尖閣諸島に接近し、海上から視察した。上陸はしなかった。民主党の向山好一衆院議員も同行した。
>

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111226/plc11122623150014-n1.htm

a0103951_1643436.jpg



東海大学教授・山田吉彦 尖閣を無人島のまま放置するな
2012.1.23 03:12 (1/4ページ)[尖閣諸島問題]

 尖閣諸島を抱える沖縄県石垣市は昨年、その領有が1895年に閣議決定された日である1月14日を「尖閣諸島開拓の日」と条例で定め、この14日、記念式典と「東シナ海と八重山の振興」をテーマにしたシンポジウムを催した。

 ≪「開拓の日」に漁業監視船≫

 当日、まるで日本側の動きを偵察するように、中国の漁業監視船が尖閣諸島海域に姿を現した。だが、昨年8月には領海を侵犯した漁業監視船も、今回は接続水域を通過しただけで退去している。

 昨秋の東アジアサミットで、海洋問題を協議する場の創設が検討され、以来、フィリピン、インドネシア、ベトナムなどのアジア諸国は、米国のアジア回帰の方針にも後押しされて、中国の海洋侵出を警戒する共同歩調を取るようになってきた。これに対して中国は、「核心的利益」と位置づける南シナ海には侵出してベトナム、フィリピンとの小競り合いを続けているものの、東シナ海での行動は自重している傾向がみえる。

 昨年12月に野田佳彦首相が訪中した際、海洋にかかわる重層的な危機管理メカニズムの構築が必要であるとして、国境協議も含めた「日中高級事務レベル海洋協議」設置の提案がなされた。中国側は東シナ海ガス田の開発をめぐる条約交渉の再開、日中海上捜査・救助協定の合意など、海洋問題解決に向け融和策も提示してきた。
続き↓
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120123/plc12012303120000-n1.htm




日本青年社の魚釣島灯台を国に譲渡してから一向に進展していない日本の尖閣諸島実効支配


このままでは漁場、油田等の貴重な天然資源を根こそぎ奪い取られかねない。

中国だけが油田を建設し日本は指を咥え眺めるだけ


新藤議員が一昨年、東シナ海尖閣諸島上空を視察した時の映像
http://www.youtube.com/watch?v=ndR6fJYbtsw

a0103951_1641981.jpg


問題となっている海域には中国側の調査で春暁(日本名:白樺)、断橋(日本名:楠)、天外天(日本名:樫)、平湖、冷泉(日本名:桔梗)、龍井(日本名:翌檜)の6ガス田が確認されているが、春暁(白樺)、断橋(楠)においてはその埋蔵地域が日中中間線の日本側海域に掛かっているため両国間の問題になっているほか、日本政府は天外天(樫)、龍井(翌檜)についても資源が中間線を越えて広がっている可能性を指摘している。
a0103951_1705262.jpg




鳩山由紀夫が東シナ海ガス田の共同開発で中国に大幅譲歩 - 日本が ...
2010年6月1日 ... 31日に行われた鳩山首相と温家宝中国首相の首脳会談は友好ムード演出に腐心し、
東シナ海のガス田共同開発問題で中国が条約交渉入りに同意するなど成果が並んだ。
だが、中国が早期開発を目指す「白樺」ガス田などで日本側が事前 ...

http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-658.html

おっちょこ

2010年6月に鳩山首相が友愛の精神で日中共同開発という大幅譲歩をしたはずなのに一年も経たないうちに簡単に裏切られる 

中国の東シナ海ガス田生産 枝野氏「大変遺憾」
2011年3月9日14時26分

 東シナ海ガス田「白樺(しらかば)」(中国名・春暁)で中国側が生産段階に入っていることを中国の企業幹部が明らかにした問題について、枝野幸男官房長官は9日午前の記者会見で「こうした報道が出ること自体、大変遺憾だ。中国側に確認を行っている」と不快感を示した。

 開発を担う中国国有企業、中国海洋石油(CNOOC)監査機関責任者の宋恩来氏が朝日新聞などに「生産をした」と明言。枝野氏は「今回は実名報道であり、(中国側に)そのことを踏まえた確認を求めている。回答を待って対応を決めたい」と述べた。

http://www.asahi.com/politics/update/0309/TKY201103090225.html




何が”遺憾”だ?腰抜け政府が遺憾なのだよばか。



国際的な発言力や権利、権限は軍事力に比例する


だから工作員は命がけで憲法9条を守ろうとし自衛隊の国軍化を反対する








日本青年社へ応援よろしく↓
人気blogランキングへ
戻る時はPCの「←戻る」ボタンで戻ってください
[PR]
by nihonseinensha | 2012-01-26 16:49

石垣市議らが尖閣諸島に上陸

石垣市議らが尖閣諸島に上陸していた


石垣市市議ら尖閣上陸 海上保安本部の巡視船が確認
 沖縄県・尖閣諸島の魚釣島に3日午前9時半ごろ、同県石垣市の仲間均市議ら3人が上陸したのを、第11管区海上保安本部(那覇)の巡視船が確認した。約20分後には仲嶺忠師・同市議も上陸。4人は同11時55分ごろ漁船に乗り込み、同島から離れた。

 11管によると、海上保安庁職員が安全確認のため漁船に立ち入り検査した後、市議らは「上陸はしない。釣りをする」と話し、ゴムボートに乗り換え島の南西端から上陸したという。これを受け、中国外務省は「中国政府は既に日本側に厳正な申し入れと抗議を行った」との談話を発表した。

[ 2012年1月4日 06:00]

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/01/04/kiji/K20120104002361730.html

産経新聞
a0103951_18342276.jpg

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/540738/slideshow/451541/
メインフォトの説明 尖閣諸島・魚釣島への上陸を終え、石垣港に帰港し記者の質問に答える沖縄県石垣市の仲嶺忠師市議(左)と仲間均市議=3日午後9時45分

尖閣上陸、石垣市議2人含む4人 出航前に「調査目的」と回答

 【石垣】石垣市議会議員2人を含む計4人が3日午前、尖閣諸島に上陸したことが分かった。関係者によると、上陸した市議は仲間均市議と仲嶺忠師市議の2人。仲間市議は2日夜の出航前、本紙の取材に「調査目的で尖閣諸島に向かう」と回答していた。【琉球新報電子版】…

2012/01/03 13:24 【琉球新報】
http://www.47news.jp/news/2012/01/post_20120103132729.html



中国政府が非難「日本の右翼分子」…石垣市議らが尖閣に上陸

Y! 【政治ニュース】 【この記事に対するコメント】 2012/01/03(火) 20:04
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0103&f=politics_0103_006.shtml   
>
中国政府・外交部の洪磊報道官は3日、「日本の右翼分子が釣魚島(尖閣諸島の中国側通称)に上陸した」として非難し、中国政府がすでに抗議したことを明らかにした。

■「尖閣諸島」に関する他の記事 - サーチナ・ハイライト

  石垣市の仲間均(なかま・ひとし)市議や仲嶺忠師(なかみね・ただし)市議ら4人が同日午前9時半ごろから同11時55分ごろまで、尖閣諸島・魚釣島に上陸して海岸を歩くなどした。

  洪報道官によると、中国政府は日本側に対して厳重な抗議をしたという。

  洪報道官は上陸した4人を「日本の右翼分子」と決めつけ、「重ねて申し上げたい。釣魚島諸島は古くから中国固有の領土であり、中国は同地に対して争いようのない主権を有している。釣魚島諸島の領土主権を防衛しようという中国政府の決心は固く、決して変わらない」と述べた。

  洪報道官は上陸した4人を「右翼分子」と表現しただけで、石垣市市議会議員という公職に就いている人物が含まれることには触れなかった。

**********

◆解説◆
  中国政府や同国メディアは特に歴史や領土問題で、自国の主張と対立する言動をする/した日本人を「右翼」、「右翼分子」と形容して非難する場合が多い。日本国民の一般的感覚では「それだけの言動で、いわゆる右翼分子に該当するのか」と違和感を感じる場合も多い。

  中国側が「右翼」という刺激的な“まくらことば”をあえて使うのは、「日本の中でもごく一部の人だ」と示唆して、日本や日本人全体に対する自国民の感情的反発を抑制しようという意図がある。日本側に対しても「日本全体とは考えていない」ことを示していると考えてよい。(編集担当:如月隼人)
>





上陸どころか 日本政府は


ヘリポートの建設 港の建設 海上自衛隊基地 航空自衛隊基地滑走路建設 観光施設建設 観光ホテル建設を今すぐせよ







日本青年社へ応援よろしく↓
人気blogランキングへ
戻る時はPCの「←戻る」ボタンで戻ってください
[PR]
by nihonseinensha | 2012-01-22 18:19

日本人舐められても何もせず

日本人舐められても何もせず

和歌山県太地町の漁師達に対して嫌がらせをするシーシェパード


重大な主権侵害


青い帽子を被っているのが日本人 その周りを取り囲み人権侵害をしているのがシーシェパード
太地町の漁師達に対して嫌がらせをするシーシェパード (字幕付き)

http://youtu.be/w3VQszI_Ces

白人女のアハハハという笑い声が事の重大性を物語っている


和歌山県太地町はイルカ漁を営む小さな町ですが数年前(下記TV報道では7年前らしい)から外国のシー・シェパード(本部米国)なるテロリストらがその日本の小さな漁業町に長期滞在して堂々と日本人に嫌がらせをしているわけです。


「これは今までシー・シェパードが公海上で行っているという日本の捕鯨船への体当たり攻撃云々の問題では無く日本の国内で多くの日本人の目の前で日本の何の落ち度の無い漁師さんらに対して妨害行為や人権侵害が堂々と7年間も行われているという異常な状況なのです。」


「この問題は外国のテロリストが日本政府に対して攻撃しているというレベルの問題では無く”外国の国家プロジェクト”が日本人個人に対して攻撃をしているのです。」


今まで、捕鯨やイルカ漁の問題に関しては欧米諸国らは「イルカや鯨は可愛く賢い動物だから殺してはいけない」等の馬鹿げた理由をこじ付けジャパンパッシングの道具にしており自分らの国の問題を隠す為の政治カードとして使って来ました。(南京逆殺や従軍慰安婦問題のように。)

今回これが問題なのは他の捕鯨推進国への妨害行為は現在では形だけでほとんど行われておらず日本に対してだけ徹底した妨害行為を行っているという不可思議な現象になっていることです。

シー・シェパードのリーダーポールワトソンが日本の警察から国際指名手配犯となった現在もその部下らは日本の小さな漁業町に居座って差したる妨害も受けず今、こうしているこの現時点でも日本の町で日本人に嫌がらせを行為を行っているのです。


これは日本人は”怒らない”正確には”怒れない”民族という事が世界中に知れ渡っているのです。


太地町の被害の状況が分かる日本側の報道テレビ

【シー・シェパード特集】イルカ漁妨害に揺れる太地町 1/2


http://youtu.be/oIRWT012Ktc


【シー・シェパード特集】イルカ漁妨害に揺れる太地町 2/2


http://youtu.be/hFrFxNWN-9c






日本人が欧米の漁師町で同じ事が出来るか?


殺されても文句の一つも言えないでしょう。



そんな所に行ってそんな妨害をすれば殺されるのは当たり前だろうと言われるのがおちです。



しかし外国人は日本人だけに対しては出来るのです。


この問題 激しい吐き気しか催さない。





相手は国家プロジェクト こちらは個人


以下参項サイトより
http://youmenipip.exblog.jp/16999665/



さて、更にSSとオーストラリア(政府)は癒着しています。

オーストラリアはSSに母港を提供していますが

(テロ組織「アル・カイダ」をかくまうアフガニスタンのタリバン政権のようなもの)、

それ以上のことをしています。


大航海時代にイギリスが自国の海賊にお墨付きを与えて、当時のイギリスにとっての敵国のスペインやフランスの船舶に対する海賊行為を黙認・奨励していましたが(これらの国家公認の海賊船は「私掠船」と言われていました)、オーストラリア政府も同じことをしているようです。


実際オーストラリア政府は航空機や艦艇を使って日本の捕鯨船団の位置を突き止め、インターネット上で公開することでSSにその位置を通報しているのです。
http://blog.zaq.ne.jp/blueocean/article/780/#BlogEntryExtend
道理であの広大な南氷洋でSSがいつも日本の船団をいとも簡単に見つけて効果的に妨害行動をとれるわけです。

それ以上に、上記のリンク先の記事(写真付き)によるとオーストラリアの警察がSSと合同訓練をしているのです。


最近、オーストラリア政府はSSに関して捜査を開始したと言っていますが、捜査をしている警察がSSの連中と一緒に和気あいあいと合同訓練をしているのは一体どういう事でしょうか?ポール・ワトソンの自信もこれなのかもしれません。オーストラリア政府がバックについているという。


捜査というのもただ単に「テロ支援国家」の批判をかわすための演出だということのなのでしょう。逆に日本政府はこの事実を突きつけて「オーストラリアさん、あんたのところはテロ支援国家なの?」と言えば良いのですが。



では何故オーストラリア政府は喜んで「テロ支援国家」を演じるのでしょうか?
http://blog.zaq.ne.jp/blueocean/article/890/#BlogEntryExtend
によると南米のチリも最近捕鯨に反対し、海軍の艦艇を派遣して日本の捕鯨船団を監視しているようです。これは、チリ、アルゼンチン、オ-ストラリア等の南極に近い国が南極海と南極大陸を

自国の領土、排他的経済水域(EEZ)としたいわけですが、そこを日本の船団にウロウロされたくないということなのでしょう。

(広大で手付かずの南極大陸は多くの資源が眠っていると言われています。当然オーストラリアとしては、その海域と南極大陸を将来資源が発見されたときに自国のものとするためです。)


ただ、オーストラリアの沿岸警備隊にはそれ程の勢力がないそうです。


そこで、SSを雇っているようです。つまりSSは、オーストラリア政府にとっての私掠船、傭兵であり一種の民間軍事組織と言うことです。オーストラリア政府が海軍、警察を使って公(おおやけ)にやれば角が立ち、国際問題となることを「民間人」にやらせているわけです。そして、自らは「民間人が勝手にやったことだから」と知らんぷり、というわけです。


☆(これは21世紀型の新しい「戦争」の形ですね。国家が表立ってやれば大事になることは、「所属が曖昧な」民間軍事組織、準軍事組織等にやらせる。あるいは軍隊を送り込んで占領する代わりに「移民」を大量に送り込み彼らの「数の力」でその国に対して影響力を行使し、事実上支配する。)

ニュージーランド政府は、今季SSと日本の船団が衝突して死傷者が出ないように

海軍の艦艇を派遣する事を検討しているそうです。


しかし、オーストラリアと同じ立場のニュージーランド政府が「中立的に」艦艇を派遣するはずがないので、オーストラリアやチリがしたように日本の捕鯨船団の位置を通報するのではないでしょうか。







日本青年社へ応援よろしく↓
人気blogランキングへ
戻る時はPCの「←戻る」ボタンで戻ってください
[PR]
by nihonseinensha | 2012-01-14 13:41

天皇陛下 一般参賀

天皇陛下 一般参賀

皇族の方々
a0103951_10362169.jpg

感動しました。

日本人として生まれて良かった。


天皇陛下「少しでもよい年を」…一般参賀

新年恒例の一般参賀が2日、皇居・宮殿の東庭で行われ、7万770人が訪れた。

 天皇陛下はこの日、計5回、皇后さまはじめ皇族方と宮殿のベランダに立たれた。常陸宮さまは風邪気味のため、大事を取って取りやめられた。

 陛下はあいさつで昨年の東日本大震災や各地の豪雨に触れ、「被災した人々が今なお厳しい状態に置かれていることを案じていますが、被災地の復興が進み、この年が国民一人びとりにとり、少しでも良い年となるよう願っています」と述べられた。

 1日には、宮殿で「新年祝賀の儀」が行われ、天皇、皇后両陛下は、皇太子ご夫妻はじめ皇族方や野田首相ら三権の長から新年のあいさつを受けられた。

(2012年1月2日18時13分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120102-OYT1T00157.htm

a0103951_10484799.jpg


俺は見た 見たぞ 皇室の方々の神々しいお姿を

この方々を命に掛けて御守り致しましょう!


世界最大の軍事大国米国大統領でさえ 直角90度の礼をする相手がこの世に二人いようか? 
a0103951_10562173.jpg






日本青年社へ応援よろしく↓
人気blogランキングへ
戻る時はPCの「←戻る」ボタンで戻ってください
[PR]
by nihonseinensha | 2012-01-04 10:51