「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

米は「同盟国として日本支持を鮮明に」

米は「同盟国として日本支持を鮮明に」


米国の元外交官がもっともな事を仰っていますので紹介します



「同盟国として日本支持を鮮明に」 米元外交官、米紙に寄稿
2012.10.30 22:21
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121030/amr12103022220008-n1.htm
>
【ワシントン=古森義久】米国政府は沖縄県・尖閣諸島をめぐる日中両国の紛争に対し「同盟国としての日本への支持をもっと鮮明にすべきだ」という意見が元米国務省外交官により表明された。

 米国有力紙クリスチャン・サイエンス・モニター(電子版)は米海兵隊や外交官として在日米大使館に在勤した経歴をもつ弁護士グラント・ニューシャム氏の「米国は(尖閣での)日中紛争で日本を明確に支持せねばならない」と題する寄稿論文を掲載した。

 同論文は現在の米国政府が尖閣に対し「日米安保条約は適用されるが、主権では中立」という立場を表明していることに対し、「日中両国の争いに巻き込まれたくないという認識はわかるが、尖閣問題は永続し、このままでは米国自体の安全保障を脅かす」として米国が現在の「意図的な曖昧さ」を放棄することを求めた。

 同論文は「中国の威嚇戦術にはアジア諸国が懸念を抱いており、平和的な対応しかしていない民主主義の日本をもっと公然と支持することが必要だ」と述べ、尖閣問題では「中国側はここ2年ほど自国の監視船を侵入させ、国内で反日の暴動をあおり、さらに日本や日本国民への粗野で中傷的な言明を続けている」と中国側の態度を批判した。

 さらに中国の対日態度について「80年も前の日本側の行動を扇情的にいま持ち出すのは冷笑的なデマであり、自分たちの政権の弱みを隠すための隠蔽(いんぺい)作戦だ」として「文明国家の振る舞いではない」とまで断じた。

 そのうえで現在の米国政府の言明が「単に安保条約の条文上の責務を述べているだけで、具体的になにを意味するかわからない」ため、かえって中国側の軍事攻撃を招きかねないとも指摘した。
>


>>>>




ほー!と思えたのは後半の二点です


中国は自国の問題を隠す為に大昔の他国の話を持ち出し国民と世界の視点をずらしている
>中国の対日態度について「80年も前の日本側の行動を扇情的にいま持ち出すのは冷笑的なデマであり、自分たちの政権の弱みを隠すための隠蔽(いんぺい)作戦だ」として「文明国家の振る舞いではない」とまで断じた。


米国が中途半端な態度だと余計に中国の軍事行動を誘発する可能性がある
>現在の米国政府の言明が「単に安保条約の条文上の責務を述べているだけで、具体的になにを意味するかわからない」ため、かえって中国側の軍事攻撃を招きかねない




このような事はみんな分かっていた事ですが、日本人が言うのと第三国の人が言うのとでは説得力がまったく異なって聞こえます。中国の南京虐殺や韓国の慰安婦問題等が第三国が言うと改めてトンデモない問題だという認識が強くなりました。



第三国でしかも国際的に発言力がある国が言うと右に従う国がもっと増え現在中国韓国が行っている反日イベント拡散も不発に終わる可能性があります。

日本は政府として米国にもっと圧力をかけるべきでしょう。

それでも同盟国か?! はっきり日本支持出来ないのかと!





日本青年社に応援を↓
ぼちぼちではありますが人気ブログランキングに参加しています
人気blogランキングへ
戻る時はPCの「←戻る」ボタンで戻ってください
[PR]
by nihonseinensha | 2012-10-31 02:31

尖閣問題も国際司法で勝訴間違い無し 攻撃は最大の防御

尖閣問題も国際司法で勝訴間違い無し

攻撃は最大の防御

日本は世界に向けて攻撃が必要




調べれば調べるほど日本領を示す証拠が出て来る 中国と韓国



「紅衛兵向け中国地図でも尖閣は日本」 返還時、米CIAが報告書
2012.9.28 21:56 (1/2ページ)[米国]
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120928/chn12092821580008-n1.htm

【ワシントン=佐々木類】米中央情報局(CIA)が、沖縄県の尖閣諸島をめぐり、「領土問題は存在しない」とする日本の主張を裏付ける内容の報告書を作成していたことが27日明らかになった。

 報告書は、日米両政府が沖縄返還協定を調印する直前の1971年5月に作成。当時の中華民国(台湾)が、米国の尖閣諸島を含む沖縄の施政権に注文をつけたのを受け、CIAが調査を行ったもので、米ジョージ・ワシントン大国家安全保障記録保管室に保管されていた。


66年に刊行

 報告書は、中国で文化大革命の担い手だった紅衛兵向けに66年に刊行された地図を例に挙げ、「尖閣諸島は中国の国境外に位置しており、琉球(沖縄)列島、すなわち日本に属していることを示している」と指摘。67年8月に北京で刊行された一般向け地図帳でも「尖閣諸島は琉球列島に含まれる」と表記されていると報告している。

 台湾でも「尖閣海域が中国側の境界内にあると表示する地図はなかった」とした上で、旧ソ連や無作為に抽出した欧州の地図にもそうした表記はないとした。

 報告書は、「尖閣海域に埋蔵資源の存在が明らかになった後、中華民国が領有権を主張し、これに中国共産党政権が続いて問題を複雑化させた」と指摘。歴史的にも国際法上も日本固有の領土であるとする日本の主張について「説得力があり、尖閣諸島の領有権の根拠を示す責任は中国側にある」とし、「尖閣諸島への中国のいかなる行動も、米国を日本防衛に向かわせるだろう」と結論付けた。






中国の陰謀で親日国台湾も徐々に反日か?



尖閣領有を初決議=立法院が主権宣言-台湾 -

 【台北時事】台湾の立法院(国会)は19日、沖縄県・尖閣諸島の領有を宣言する決議を行った。
台湾は1970年代初頭から尖閣の領有を主張しているが、立法院が尖閣関連で決議を可決
するのは初めて。野党・親民党が「行政府だけでなく、立法府も領有を宣言する必要がある」
として提案し、与党・国民党や最大野党の民進党も賛成した。

 立法院は決議で「釣魚台列嶼(尖閣諸島の台湾名)は中華民国(台湾)の領土の一部だ。
国土を守る神聖な義務に基づき、どんな状況でも領土を一寸も放棄することはない」と宣言している。
李登輝元総統と関係が深い野党・台湾団結連盟は、決議に反対した。 

ソース : 時事 (2012/10/19-20:32)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012101900931





何故やらに?武力を使わない戦争 政府のロビー活動


日本政府は世界でのロビー活動を本腰を入れてやって行かないと。かつての親日国は全部反日国になる。


憲法九条があり戦争が出来なくても。武器を使わない戦いは出来るはず。しかし日本の場合それすら出来ていない。これはおかしい。


このような外交活動を禁止する法があるのか?あるわけが無い。

ならば何故、やらない?

戦争に負けたから遠慮や精神侵略?

中、韓のようなロビー活動は卑怯な方法だと思っている?

ロビー活動はやってはいけないと思っている?

認識が甘く 危機感が無い?

日本国内の左翼に遠慮して出来ない。




たぶん全部でしょう。


現在の領土問題は起きるべくして起きている。今後これでは勝てない。


単に日本領土を宣伝するだけで無く 積極的に攻撃をして行く必要あり


日本青年社に応援を↓
ぼちぼちではありますが人気ブログランキングに参加しています
人気blogランキングへ
戻る時はPCの「←戻る」ボタンで戻ってください
[PR]
by nihonseinensha | 2012-10-21 17:28

中国7日連続で尖閣諸島で嫌がらせ

中国7日連続で尖閣諸島で嫌がらせ



尖閣接続水域、7日連続で中国監視船…5隻航行
読売新聞 10月7日(日)19時30分配信

 沖縄県石垣市の尖閣諸島周辺海域では7日、中国の監視船5隻が接続水域(領海の外側約22キロ)内の航行を続けた。

 中国の監視船が接続水域内に入るのは1日から7日連続となった。

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、6日に接続水域内を航行していた8隻は同日夜、いったん水域外に出た。その後、8隻のうち、漁業監視船「漁政」1隻が7日午前0時20分頃に魚釣島沖から、海洋監視船「海監」4隻は同11時25~40分頃に久場島沖から接続水域内に再び入り、同日午後3時現在、いずれも水域内にとどまっている。

 海上保安庁の巡視船が領海に入らないよう無線などで警告したところ、海監1隻から「ここは中国の領土。我々は正当な業務を行っている」と応答があった。

最終更新:10月7日(日)21時40分


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121007-00000535-yom-soci



7日連続で尖閣諸島で嫌がらせ

ロシアや米国にそのようなことをするだろうか?




憲法九条を破棄し日本に戦える軍隊があれば中国は何もしない。


前回の記事でフォークランド紛争でアルゼンチン軍がイギリスの領土に進攻しようと思ったキッカケの一つにフォークランド諸島の英国の防衛が微弱だったことが敵の進攻を誘発させた原因でもあったと書きました。

今回中国は尖閣諸島を横取りしようと日本にあの手この手でいろいろな悪さを仕掛けていますが1960年代までは中国は日本領土ということを認めており石油資源が発見されてから中国領土だと言い出したわけです。


このような横取り発言をもし尖閣が米国領土であったなら中国は米国にこのような発言をするだろうか?という事です。


軍隊が無いとすき放題言ってくるわけです。それとフォークランド紛争の例で言っているように”軍事的に弱いと戦争を仕掛けられやすい”ということなのです。大英帝国というかつての軍事強国でさえ守りが甘い地区には軍事力で攻め込まれるのです。日本などは論外で攻め込まれるでしょう。


米国の軍事力に頼る日本


今回、売国奴どもでさえ”尖閣は日米安保の適用範囲”と米国に何度も確認を取り世界にアピールしています。中国は寄って来るなと。用心棒の存在を示しているのです。


それだけ軍事力は国際問題の解決に重要なものなのです。


左翼団体は絶対に認めないでしょう。この期に及んでも尚オスプレイ沖縄配備反対運動をしているわけなのでキチガイに付ける薬は無いようです。


あげく左翼どもは「尖閣竹島は日本の領土では無い」というような声明を出すわけなのでどうしようもない。


日本と米国が仲が悪くなると?


キチガイ左翼はどうしようもないので、いつか始末するとして日本は一刻も早く独自の軍隊で対応出来るようにならなければ大変なことになります。


万一、日本と米国の仲が悪くなった場合等は日本は今回のように米国との安保をアピールすることが出来難くなり米国も無視するでしょう。今後何があるか分かりません。




日本企業を焼き討ちするくらいなので


米国が日本を突き放した時 日本はピンチになります。それはフォークランド紛争のキッカケである。防衛の弱い地区は攻め込まれやすいという問題です。中国は日本企業を焼き討ちするくらいなので人のいない島など簡単です。




尖閣諸島に海上自衛隊の大艦隊の駐留を


日本青年社に応援を↓
ぼちぼちではありますが人気ブログランキングに参加しています
人気blogランキングへ
戻る時はPCの「←戻る」ボタンで戻ってください
[PR]
by nihonseinensha | 2012-10-07 22:19