<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

慰安婦像で米国の日本人に嫌がらせ始まる

慰安婦像で米国の日本人に嫌がらせ始まる

これが左翼マスコミが仕切った国 日本の末路か?!

レストランで「ラーメンにつば」「冷えたライス」…慰安婦で在米日本人に嫌がらせ  
2014.2.15 07:00 [「慰安婦」問題]

米カリフォルニア州グレンデール市に「慰安婦」像が設置されている問題で、抗議のため1月に同市を訪れた地方議員団は10日、国会内で報告会を開き、現地の日本人子弟らが韓国系子弟らから受けているいじめの実態を報告、対策の必要性を訴えた。

 議員団によると、同市では、韓国系住民が約1万2000人に上るのに対し、日系住民は約100人と圧倒的に少ない。議員団が複数の日本人保護者を対象に行ったヒアリングでは、こうした状況下で、現地の学校に通う日本人子弟らが「韓国人の子供に、食べ物につばを入れられた」「韓国の子供たちが、独島(竹島の韓国名)は韓国のものだと怒鳴ってきた」などの被害を相談していることが判明。未然に被害を防ぐため、「外では私の名前を日本語で呼ばないで。話しかけるときは英語で」と親に懇願する子供もいたという。

 報告会ではこのほか、「日本人だと分かると、ラーメンにつばを入れられた」「韓国系レストランで、冷めた白いご飯しか出されなかった」といった被害事例も紹介された。

 地方議員団の世話人代表を務める東京都杉並区の松浦芳子区議は、「日本の領事館職員は、直接現地に出向いて、邦人の被害実態を把握し、早急に対策を考えるべきだ」としている。


http://sankei.jp.msn.com/world/news/140215/amr14021507010000-n1.htm
米西部グレンデール市内に設置された慰安婦記念像と記念撮影をする韓国人ら=2013年7月30日(黒沢潤撮影)
a0103951_21132037.jpg



慰安婦問題で米下院3議員が長官に書簡 「日本政府に謝罪するよう働きかけよ」
2014.2.4 11:58 [「慰安婦」問題]

米下院の3議員がケリー国務長官に対し、慰安婦問題に関して日本政府に謝罪するよう働き掛けることを求める書簡を送ったことが3日、分かった。カリフォルニア州選出のシフ議員(民主党)がウェブサイトで明らかにした。

 書簡を送った他の2人はいずれもニュージャージー州選出で、民主党と共和党1人ずつ。両州には慰安婦の像や碑が置かれている。

 1月29日付の書簡は「(旧日本軍は)しばしば作り話を用いて女性を招き寄せ、売春を強制して日本軍に奉仕させた。誘拐することさえあった」と厳しく批判。「80歳を優にこえた女性たちは、日本政府から正式な謝罪を受けて然るべきだ」と指摘した。

 さらに「この問題はわれわれの選挙区住民にとって極めて重要であり、国務省は優先課題として扱うべきだ」として外交的な取り組みを求めた。(共同)

記事参項
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140204/amr14020412000008-n1.htm




反日活動に”限度”というものが無い国

徹底した反日攻撃で日本を完全粉砕するつもりの韓国

世界は反日のすき放題


「ありもしない事件の被害者の銅像を設置しその横でありもしない事件の被害者の婆さんと米国議員が記念撮影しありもしない事件を謝罪しろと何度も謝罪を求める」 米国議員をここまで洗脳させる韓国人の執念たるや常軌を逸しているようです。

ただ、日本人はこれを対岸の火事として見ていては本当に取り返しの付かないことになるでしょう。海外で起きている事と言えども米国下院上院議会での日本政府への謝罪決議等が可決してきたりそれをネタに日米経済摩擦にまで発展すると日本本国でも左翼議員が頭角を表しトンデモな決議が可決するでしょう。

また実際に海外での日本人虐めが頻繁にあるようであれば日本人が海外で仕事をすることに警戒をする人も現れるはずで今後日系企業の海外展開が出来難くなるので経済活動に支障が出るでしょう。韓国の目論見はそんなところでしょう。日本車の欠陥を探し日本車だけにリコール問題を起きるように仕向ける韓国だけに米国議員を使った日本叩きは今後ますます過激になり全世界に飛び火するでしょう。


いずれ日本人の子供や女性への虐めがエスカレートし”日本人には何をやってもいいんだ”という風潮ができ 日本人の子供や女性への暴力,誘拐、強姦、略奪はあたりまえで、日本人自宅、企業への放火略奪破壊も行われるでしょう。
とにかく”日本人には何をやってもいいんだ”と呪文のように唱える暴漢が町にあふれ ストリートギャングだけで無く集団心理で普段は普通の人達や紳士まで暴漢に返信し日本人をレイプ虐殺するようになるのです。

海外(全世界)では”日本人には何をやってもいいんだ”という風潮があたりまえになり、日本人狩りが以前日本でブームになったオヤジ狩りのようなゲーム感覚で行われるように、、、そうならないとも限りません。

これは決して大袈裟で無く一昨年実際に中国で起きていたことです。



これが左翼マスコミが仕切った国 日本の末路なのですが。日本のマスコミ とくに朝日新聞やテレビ朝日 NHK TBSら反日を煽ってきた奴らはこれら日本人虐め反日暴動を防ぐ努力はするのだろうか?





日本青年社に応援を↓
ぼちぼちではありますが人気ブログランキングに参加しています
人気blogランキングへ
戻る時はPCの「←戻る」ボタンで戻ってください
[PR]
by nihonseinensha | 2014-02-16 22:09

世界で止まらない反日記念碑設置

世界で止まらない反日の記念碑設置

米国に慰安婦の記念碑がまた新たに設置される5つ目


ニューヨーク州で新たな「慰安婦」碑 建立は全米で5つ目
2014.1.25 10:54 [米国]
記事参項 産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140125/amr14012510560005-n1.htm

【ニューヨーク=黒沢潤】米東部ニューヨーク州ウエストバリーで24日、新たな「慰安婦」碑の除幕式が行われた。新しい碑は、2012年6月に設置された慰安婦碑の隣に設置された。慰安婦関連で建立された碑や像は全米で5つ目となった。

 韓国系米国人団体が主催した式典には、団体メンバーのほか、州議会議員や地元有力者ら約20人が参加した。碑は2つからなり、それぞれ同州上下両院で昨年採択された「慰安婦制度非難決議」の内容が刻み込まれている。

 上院での決議採択を主導したトニー・アベラ上院議員は「日本は(慰安婦問題を)きちんと認識していない。恥ずかしいことである」と強調した。

 新たな慰安婦碑は、すでに設置されている碑のそばに建てられた。米国内では、東部ニュージャージー州のパリセイズパークとハッケンサックにも同種の碑がある。カリフォルニア州グレンデールでは昨年夏、慰安婦像が建てられた。


a0103951_171183.jpg




反日の拡散は停止不可能か?!


慰安婦の少女像と合わせると全米で5つ目とは酷い

ありもしない慰安婦問題が世界で拡散されているわけです。
戦時中であればどこの国にも存在した売春施設が日本だけが性奴隷の犯罪として戦後60年後に蘇り世界で問題になる異常な現実 この常軌を逸脱した現象をどうやって止めるのか?!



反日宣伝をどうやって止める?

下に行けば行くほど過激になりますが一つの”考え方”として。

1.地元日系人が立ち上がり撤去運動を起こす

2、日本政府と政府間同士で話し合う

3、裁判を起こす

4、日本も相手国の国際問題を追及する

5、韓国(中国)への経済制裁

6、強制撤去(夜中に勝手に撤去する)

7、撤去しろと暴動を起こす

8、地元韓国人や設置に協力した地元政治家を粛清する



等です。


いろいろありますが。著者個人としてはもちろん8です(笑)あっ、いえいえそんな過激な事を言ってはいけません。(笑)

まあ、1~7位でしょうか。7は過激に見えますが。一昨年中国で日系企業に対する大規模な暴動があったのを覚えていますでしょうか。日本が尖閣諸島を日本政府で購入するのが決まった時に中国で起きたあの暴動事件です。

中国ほどでは無いとしても日本人そろそろ怒りの行動があってもいいんではないかと考える事もあります。


当然”火病”を持った国民が相手なのでそれなりの準備と防衛手段が必要でしょうが。ただ現実問題として日本人の性格からは考え難いのですが。とはいってもこのままでは韓国のすき放題になるでしょう。


日本政府による相手国への強力な経済制裁案の打ち出し

今後やらねばならない事は日本政府として海外での反日宣伝を強力に止める政策を打ち出す必要があります。このままにしておけば取り返しの付かない事になるでしょう。経済制裁、これは韓国中国だけで無く設置した国に対しても制裁を行うべきです。そうでなければ止まらないでしょう。



このままでは

日本人への差別や虐め暴力事件が発生

日本商品の不買運動や”日本人お断り”日本人締め出しの店の登場

中国韓国から金を貰った地元マフィアやストリートチルドレン等による日本人への嫌がらせと直接暴力

あからさまに嫌がらせの張り紙や反日ポスターの登場

これらの嫌がらせの張り紙等は国の政策である以上はお金を貰って仕事としてやる者が現れるので強力です


このような最悪な流れが近い将来 やって来るのです。近い将来といっても数年後数十年後ではありません。後、一年二年でやって来るのです。日本はいよいよ断崖絶壁に追いやられるのです。



さあ、どうする日本?



日本青年社に応援を↓
ぼちぼちではありますが人気ブログランキングに参加しています
人気blogランキングへ
戻る時はPCの「←戻る」ボタンで戻ってください
[PR]
by nihonseinensha | 2014-02-02 17:05