<   2014年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

日本を貶める人々 天誅 最有力候補

日本を貶める人々 天誅 最有力候補 

河野洋平


「河野談話は正しい!強制があった!『昔はよその国もやっていた』と口にするのは卑怯(ひきょう)なことだ」と述べる。
a0103951_13233774.jpg
河野洋平氏、報告書は「すべて正しい」「慰安婦のなかには自分の意思で来た人も」
2014.6.21 21:31 [「慰安婦」問題]
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140621/plc14062121310027-n1.htm
>
河野洋平元官房長官は21日、山口市内で講演し、平成5年に自らが発表した官房長官談話(河野談話)に関する検証報告書について「報告書には引くべき所も足すべき所もない。すべて正しい。日韓関係を良好なものにするために談話を出した」と述べた。

 慰安婦募集での日本軍の強制性については「当時、軍に慰安所があったのは事実だ。慰安婦の中には自分の意思で来た人もいるかもしれないが、中に入ってしまえば軍の命令には逆らえない。そうした意味での強制性があった」と反論。「『昔はよその国もやっていた』と口にするのは卑怯(ひきょう)なことだ」とも述べた。 

談話を作成した理由についても「資料や関係者の話はもとより、被害者である従軍慰安婦本人の口から当時の話を聞き、日本は反省しなければならないと感じた。官房長官として日本をおとしめるわけがない」と述べた。

>





天誅 最有力候補 その2

キチガイ日本人

日本大使館に拳を振上げる日本人

ソウルの大使館前の「慰安婦」デモ、日本から左派勢力が加勢
2014.7.12 12:00 (1/3ページ)[鼓動]

ソウル市内の日本大使館前で、集団的自衛権行使を容認する安倍政権の閣議決定に反対する人々
 ソウルの中心街にある日本大使館前といえば、“慰安婦の像”を違法設置した反日団体「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」が毎週水曜日に行うデモの場として定着している。ここでの定例デモは長く挺対協の独壇場だったが最近、安倍晋三政権の「集団的自衛権の行使容認反対」を唱える左派勢力も定例集会を計画。日本からの参加者も目立つ。“反日の一等地”はますます騒がしい。(ソウル 加藤達也)


護憲派知識人が「日本人代表し謝罪」

 安倍政権が集団的自衛権の行使容認を閣議決定した翌日の今月2日正午過ぎ、挺対協が開いた「水曜示威(デモ)」会場となっている日本大使館前に、赤いキャップをかぶった男性が立った。男性はマイクを渡されると、日本の護憲派知識人らでつくる「九条の会」の関係者であると自己紹介し、こう話した。

 「日本という国は、戦争ができる国になりました。日本人を代表して謝罪します-」

 男性はノーベル賞作家の大江健三郎氏の名前を出しながら韓国語を交えて謝罪とあいさつを続け、集まった人々から拍手喝采を浴びて韓国メディアからも取材を受けていた。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140711/kor14071115240004-n1.htm


5月21日には大阪市の女性グループが訪問。28日には「平和な未来を子供らに-新日本婦人の会」という横断幕を掲げた女性約10人、また6月4日には「新日本婦人の会 福岡県本部」の幕を広げた女性ら約20人が現れ、日本政府に「日本軍慰安婦被害者への謝罪と補償を」などと訴えていた。

 日本からの参加者は多くの場合、慰安婦問題で日本政府を追及するシュプレヒコールに参加し、記念写真を撮って帰ってゆく。挺対協側からは「(参加者のような)日本の良心的な人々との連帯を一層強め、ともに日本政府を圧迫していかなければならない」といった具合に“日本政府包囲網構築”に利用されている。


卵を投げ入れ落書き


 「集団的自衛権の行使容認反対」をテーマに、日本大使館前デモを定例化しようとする団体「平和と統一を開く人々」も出てきた。

 この団体は、「在韓米軍の韓国撤収や日米韓の合同軍事訓練、軍事・防衛に関する情報共有促進のための覚書取り交わしなどに反対を唱える親北朝鮮、反保守(朴槿恵)政権の運動体」(韓国治安関係者)という。大使館の敷地内に生卵や靴を投げ入れ、慰安婦像前の路上に着色スプレーで「集団的自衛権行使容認反対」と落書きをするなど、やりたい放題だ。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140711/kor14071115240004-n2.htm



あるときには参加者によって大使館前の道路が通行不能になり、公務から戻った別所浩郎大使が車両での通行を諦めて大使館敷地まで歩いて戻るなど、警護上も問題が大きい。

 大使館前はデモが規制されているのだが、挺対協が「記者会見」と称して抜け道を作った。その言い分を警察が「やむを得ない」と放置した結果、水曜デモがある種の市民権を得て定着したのだ。韓国の治安筋は「日本大使館前は、韓国メディアの注目度が高く、アピール効果が大きい。慰安婦の像が設置されてから、特定の主張をする勢力にとっては定例デモの一等地となっている」と指摘する。

 「外国公館の静粛の保持」(ウィーン条約)が取り戻せる日は遠いようだ。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140711/kor14071115240004-n3.htm

a0103951_1324817.jpg
a0103951_13242669.jpg

画像は民主党の岡崎トミ子(元国家公安委員長) このころ岡崎トミ子は社民党議員の田嶋陽子とともに台湾に従軍慰安婦をもとめていっている。

後ろの人が持っている看板
韓国挺身隊問題対策協議会   
 被害者ら・・・          
 謝罪・・・・・
   



元国家公安委員長?

このような議員が後に日本の国家公安委員長に任命されるという異常な政権が誕生している

トミ子さんが韓国で尊厳回復を訴えるデモに参加した時の現地報道
http://www.yourepeat.com/watch/?v=rsE3xkwHuLA








__________________________________________________





お知らせ

間も無く社友総会の有料動画を配信します。

2014/06/29(日) に行われた
日本青年社 全国議員同志連盟・社友総会

何が行われているのか?日本最大の政治団体のイベント

これで普段来れない人も見れる
a0103951_13445082.jpg

a0103951_1345572.jpg







日本青年社に応援を↓
ぼちぼちではありますが人気ブログランキングに参加しています
人気blogランキングへ
戻る時はPCの「←戻る」ボタンで戻ってください
[PR]
by nihonseinensha | 2014-07-13 13:42