北方領土問題解決のチャンスをどうするつもりだ?!

北方領土問題解決のチャンスをどうするつもりだ?!



- 北方領土解決へ協力拡大を 新駐日ロシア大使 -

 ロシアのエフゲニー・アファナシエフ新駐日大使が6日、東京都内の日本記者クラブで
着任後初めて記者会見し、北方領土問題に「双方が受け入れ可能な解決策」を見いだすため、
経済などあらゆる分野で日ロ協力拡大を図る必要があると訴えた。「見解の相違はあるものの、
前進することは可能」と強調した。

 ロシアのプーチン大統領は外国メディアとの会見で柔道の「引き分け」という言葉を使って問題
解決に意欲を示したが「引き分け」の意味については言及を控えた。ただプーチン氏について
「強いリーダー」で「(領土)問題をよく知り、日本との関係を発展させたいと考えている」と指摘した。
大使は4月に着任。中国語、フランス語に堪能で、朝鮮半島情勢にも詳しい。〔共同〕

ソース : 共同 2012/6/6 22:37
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0605R_W2A600C1FF1000/



プーチン大統領就任 北方領土解決にも意欲記事を印刷する

 3月のロシア大統領選で当選したウラジーミル・プーチン首相(59)が7日、モスクワのクレムリンで宣誓し大統領に就任した。2000~08年にも大統領を務め、4年ぶりの復帰。任期は今回から2年延びて6年で、再選されれば2期12年の在任が可能となる。

 プーチン氏は前任大統領のメドベージェフ氏(46)とポストを交換し、下院では8日、メドベージェフ氏の首相就任が承認される見通しだ。

 メドベージェフ氏との「双頭体制」を経て、大統領に復帰するプーチン氏が名実ともに国家のトップに君臨することになる。ただポスト交換の不透明さや昨年の下院選不正疑惑で噴出した「反プーチン」の機運は続き、6日の野党集会も約8000人(警察発表)が集まるなど権威に陰りも。政権の長期化に批判の声も出ており、大統領として中間層の意向も一定程度配慮した政権運営を迫られそうだ。

 外交では北大西洋条約機構(NATO)の欧州ミサイル防衛(MD)計画でぎくしゃくする対米関係や、旧ソ連諸国の地域統合をどう進めるかなどが当面の課題。プーチン氏は北方領土問題の解決にも意欲を示しており、日米、日ロ首脳会談も行われる今月の米国での主要国(G8)首脳会議に注目が集まっている。

 内政では中間層が要求する政治的自由の拡大が重要テーマ。原油など資源輸出に依存する経済からの脱却も求められるが、保守的で統制経済志向のプーチン氏が“脱皮”できるかは不透明だ。

 大統領選でプーチン氏は得票率63・60%で当選した。(共同)

 [2012年5月7日17時58分]

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20120507-946954.html




中国、韓国の企業が北方領土に入り込んでいる現在では一刻の猶予は無い 

以前とは条件が異なる


プーチン新大統領の北方領土引き分け解決発言に続き6日にはロシアのエフゲニー・アファナシエフ新駐日大使も解決を臭わす発言をしたようだ。先月はロシアの政府関係者が日本は解決のチャンスを失った等の発言を行う等、ロシアは押したり引いたりの駆け引きをしているようにも思える。



ただ、ロシアの北方領土に対するこのような柔軟な姿勢は以前までは無かったものであることは確かなので日本はここで大きく進展させなければならない。

2009年にロシアを表敬訪問をした日本青年社ロシア訪問団
a0103951_16572551.jpg


プリマコフ元首相に直接要望書を手渡す日本青年社副会長
a0103951_1659385.jpg


膠着状態であった日本とロシアの北方領土問題を日本青年社は2009年にロシアへの親善訪問を行うなど北方領土問題解決に向け人も金も投資し解決の糸口を作り出して来たわけで日本政府にはここで大きな前進をしなければならない。
http://nihonseine.exblog.jp/8128105/
http://nihonseine.exblog.jp/8076809/
訪問先 モスクワクレムリン、サンクトぺテルブルグ大学、ロシア共産党本部、外務省、国防省



著者独自の考えとしては向こうが引き分けというなら今すぐに二島を返還させ自衛隊を駐留させ日本の実効支配を確立し日本の漁業の範囲を広げる事で実質的な利益を上げれるようになってから次なる交渉のチャンスを探るべきで。現在の韓国や中国の企業が進出してるような複雑な状態が長く続き返還予定の島にも根を張るようだと解決を困難にさせるわけで以前までの条件とは全く異なると考えなければならないとみます。

更にあえて言えば 日本には独自の力で北方領土を取り返せる甲斐性は全く無く、全く無いものが4島返還に拘るというのでは、気持ちは分かるが”身の程知らず”もいいとこで「相手が半分返してくれるというのなら大人しく貰っておけ」というレベルのお話かもしれないというところがこれまた情けない現状である。




ロシア訪問団 普通の右翼ではないな!と思う方↓

ボチボチではありますが人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
戻る時はPCの「←戻る」ボタンで戻ってください





最近、アダルトのトラックバックが多い為に暫くトラバを中止します。
[PR]
by nihonseinensha | 2012-06-11 17:34
<< 天誅は二名に絞られる可能性 中国、尖閣向け秘密基地建設 >>