危険な学校 生徒を守らず無視し死ねば隠蔽 大津いじめ殺人隠蔽事件

危険な学校 生徒を守らず無視し死ねば隠蔽 大津いじめ殺人隠蔽事件


徹底して隠蔽しようとする校長、教育委員会 反省の色なし
a0103951_23154348.jpg


大津市いじめ中学校長の会見.mpg
動画ニュース
http://www.youtube.com/watch?v=uBcYoJzBSRg

自殺の練習アンケートを隠していた言い訳 記者会見
動画ニュース
http://www.youtube.com/watch?v=zCZAIDysnec

a0103951_2319193.jpg



大津いじめ,生徒がTVで証言!! 「そんなのほっとけ,君が我慢していれば...」
動画ニュース
http://www.youtube.com/watch?v=GzUFRZItcgE


反省の色があるとは思えない担任教師 多くの通報を!君さえ我慢すれば”と
a0103951_23225813.jpg



生徒は学校に失望 今後いじめは通報しないという生徒も

「どうせ何もしてくれない」 大津いじめで生徒が「学校不信」
2012/7/26 18:38
http://www.j-cast.com/2012/07/26140834.html

滋賀県大津市の市立中学2年の男子生徒がいじめを受け、自殺した問題で、元同級生や在校生らによるいじめの実態の証言が続々と出てきている。

そうした生徒らはメディアに対し「学校への不信感」を口にしている。ここまで学校が生徒に不信感を抱かせてしまった理由は何なのだろうか。もはや学校にいじめ問題の解決を求めることは難しいのだろうか。

いじめを見ても「言わないでおこう」
2012年7月23日付の読売新聞(夕刊)は、学校が自殺の6日後に実施したアンケートに、学校への不信感から回答しなかったという複数の生徒のコメントを掲載している。

アンケートに回答しなかった理由は「学校にはまともに取り上げてもらえないと思った」。また、いじめを目撃しても、生徒の間で「先生に言っても何もしてくれないから、言わないでおこう」という雰囲気ができていたそうだ。

7月20日付の読売新聞も、「自殺の練習の場面を数回見た」と証言した生徒が、「いじめを見逃した学校が信じられない」としてアンケートに回答しなかったと話したと報じている。

中国新聞は7月26日、学校がアンケートの自由記述欄の記載を、11年10月の調査当初は大津市教育委員会に提出していなかったと報じている。関係者の話として、自由記述蘭には「全力をかけて調査してほしい」「(男子生徒が)なぜ命を失わなければならなかったのか知りたい」などと書かれていたという。こうした学校の態度が、生徒からの不信感につながっているのだろうか。





生徒の証言が無ければもみ消されていたという現状


一人の生徒に対し執拗なまでの暴力と脅迫を繰り返し自殺の練習を強要し精神的に追い込み自殺をさせるという凶悪強盗傷害(殺人)事件を警察、学校、教育委員会は三者一体になってもみ消そうとしていた.



正義は地に落ちたか!

大津教育委員会や校長は当初からアンケートで多くのいじめ目撃、自殺の練習目撃があるのを公表せず隠蔽し自殺と苛めは関連付けできないとし二週間で調査を打ち切る。 警察は遺族の訴えを3回無視

大津教育長
 「どうして騒ぎが大きくなるのか」
「こっちも被害者」
「なぜ今ごろ、警察がしゃしゃり出てくるのか」
「いじめが自殺の原因だなんて認めていないのに、この報道はおかしい」




大津市の教育長「こっちも被害者」報道 ネット反発「反省の色全くなし」

自殺した中2男子生徒がいじめ被害にあった問題で、滋賀県大津市教委の沢村憲次教育長が「こっちも被害者」などと周囲に漏らしていたと報じられ、物議を醸している。もし発言が事実なら、何の被害を受けていたというのか。

いじめ問題は、未だに終息する気配はなく、激しい報道合戦が続いている。週刊朝日は2012年7月24日発売号で、巻頭を使った6ページもの特集を組んだ。

報道合戦など騒ぎの広がりに困惑
その中で、自殺といじめとの因果関係をなかなか認めない沢村憲次教育長によるとされた発言が、ネット上でまた炎上騒ぎになった。

それは、沢村教育長が今回の問題について、ほかの市教委幹部に次のように話したと報じられたからだ。

「どうして騒ぎが大きくなるのか」
「こっちも被害者」
「なぜ今ごろ、警察がしゃしゃり出てくるのか」
「いじめが自殺の原因だなんて認めていないのに、この報道はおかしい」


これに対し、ネット上では、「騒ぎが大きくなったのはお前のせいだろ」「人が死んでるのにこの対応」「反省の色全くなしw」「自分のことしか考えてない」と反発の声が相次いだ。こうした発言が表ざたになるたびに炎上していることから、「自分で灯油を撒き散らしながら、鎮火しないことを嘆く」との指摘もあった。

市教委の対応ぶりも暴露され、さらに火に油を注いでいる。

記事によると、いじめの調査を打ち切ったのは、教育長のオーストラリア視察と春の人事異動準備があったためだとされた。そして、男性生徒が自殺した後の会合で、「因果関係はなかったということでお願いします」と幹部らが口裏合わせをしたという。

沢村教育長ら幹部は、被害生徒の家では親が暴力を振るっているとして調査打ち切りを正当化し、生徒へのアンケート内容も沢村教育長はよく知らず、報道で「え、こんな内容?」と話していたとも報じている。

市長に悪者にされた被害者意識?
週刊朝日は、記者らの取材結果から、「断じて許すことができないのが、大津市教育委員会の対応」「澤村憲次教育長のとんでもない話を聞いた」と指弾している。

そこで、沢村教育長に取材しようとしたが、協議や公務などで多忙だといい、話は聞けなかった。市教委の学校教育課では、沢村教育長がしたと報じられた発言について、「そういう話は、一切聞いていないので、知りません」と答えた。教育長に確認したか聞いたところ、「そういうことはないと思っていますから、何も聞いていません」と言う。

視察などがあるため調査を打ち切ったかについては、「そういうことはありません」と否定した。また、因果関係がなかったと口裏を合わせたこともないとし、生徒アンケも報告段階で教育長は見ていると主張した。記事は、間違いだらけなのか聞くと「そうですね」としたが、抗議などをするかどうかは分からないという。

沢村教育長の発言について、ある大津市議は、うわさで聞く程度としながらも、「こっちも被害者」という真意についてこう推測する。

「確かに、報道合戦で家にまでクレームが来るようなこともあるのかもしれませんが、越直美市長への不満がすごくあるのではないかと思います。自分だけ責任を逃れて、全部教育委員会の責任にしているということですよ。言ってみれば、市長に悪者に仕立て上げられているという被害者意識ですね」
沢村教育長は2012年7月23日、市議会議長から越市長との連携を求められ、「いじめが自殺の一つの要因である可能性が高い、という点は共通認識だ」と市長と同席して答えたが、前出の市議は、「教育長はそう言わされているのだと思います」と指摘している。







教育委員長 家庭では親が暴力を振るっていた。と親の責任へ

教育長はなぜ「家庭の問題」強調するのか 自殺生徒の父親は「責任逃れ」と激怒
2012/7/18 19:49
http://www.j-cast.com/2012/07/18139827.html?p=all


中2男子生徒の自殺について、滋賀県大津市教委の沢村憲次教育長が、「家庭の問題もある」と何度も強調したこと が物議を醸している。個人情報保護の絡みもあるとして、その具体的な内容を明かさないため、様々な憶測を呼んでいるのだ。

男子生徒の父親が市教委などに損害賠償を求めた訴訟では、越直美市長の考えをくんだ市側は、2012年7月17日 の第2回口頭弁論で和解する方針を示した。つまり、いじめと自殺との因果関係を認めるということだ。 自殺生徒が家などのお金を勝手に引き出したことに関連? ところが、沢村憲次教育長は、この日の会見で、因果関係は分からないと従来の主張を繰り返し、いじめ以外に「個 人的、家庭的な要因もあったと、学校から聞いている」とさえ主張した。しかし、具体的な内容は「個人情報」だとして明 かそうとしなかった。

これに対し、父親はマスコミの取材に怒りを露わにし、「責任の所在をすり替えようとしている」と批判した。ネット上でも、沢村教育長の発言を非難する声が相次いでいる。

「家庭の問題」について、1つ考えられることは、自殺した男子生徒が父親や親戚のお金数十万円を勝手に引き出し ていたとされることだ。報道によると、父親が叱ったところ、男子生徒は「ゲームに使った」などと泣いて謝るだけだった という。 金銭要求受けてなら、家庭問題でない ところが、いじめたとされる加害生徒3人から、度々金銭要求があったとも報じられている。とすると、男子生徒がお金 を引き出したことは、「家庭の問題」だと単純に言えないことになる。

つづく



アンケートの主な回答】
(本多くんが受けていたイジメ)
・「自殺の練習」(16人)
・「金品の要求」 (13人)
(実際に数十万円を支払わされた)
・「万引きの強要」 (15人)
・「助けを求められた教員も一緒に笑って見ていた」 (15人)
・「トイレでの暴行」 (29人)


これをどう見たら自殺の原因が親にあるとなるのか?


10月24日の,このアンケートの結果を学校側は自殺した生徒の父親に口外しないよう誓約書を書かせるという徹底した脅迫を持って被害者を押さえつける
(法的プレッシャー・威圧を与える行為は脅迫ともなる)
a0103951_226617.jpg



自殺では無く本当の他殺の線

【大津いじめ】青山繁晴氏が核心に言及"自殺説に異論,他殺の可能性も?"
動画
http://www.youtube.com/watch?v=6EQj_od_HKA&NR=1&feature=endscreen


このマンション屋上から落ちて 死に顔が綺麗だという事が有り得るのか?
a0103951_22335988.jpg


また、14階から飛び降りたら頭蓋粉砕で脳は飛散し顔面は大きく破損するはずなのに、「遺体は傷もなくて、きれいだった」。
生徒の自宅はマンションの4階だったが、マンション最上階の14階の通路に父親が本多君に持たせた弁当が入ったスポーツバッグが残されており、手すりには乗り越えたとみられる跡が残っていた。
しかし、これから自殺しようと14階に上るのに、スポーツバッグを持って上るのは不自然。

にもかかわらず、なぜか警察は飛び降り自殺として処理。

事件当日、犯人たちは、本多君の転落直後に現場に居たとの情報あり!
その理由は「(「死にます」とのメールを受けていたから)死体を捜していた」というもの。(後に市教委学校教育課の饗庭治之は「『死にます』のメールは事実ではないと確認した」と発表)

参項
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4733.html

もしかしたらもっと恐ろしい事が起きていたのか?!

司法解剖はしたのか。

はじめに警察が遺族の被害届けを3回もスルーするというのもキナ臭い 
捜査は最近になってようやく行われる



「救急車より警察が先に来て救急車は近所の24時間体制の日赤に行かず 22キロ先の病院に運ぶ」というのも不自然



あの時と似ているではないか 臭せー



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


産経新聞の誤報記事の件
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120726/dst12072603250001-n1.htm
7月26日
2012.7.26 03:18 [産経抄]

 首都直下地震に備えて陸上自衛隊が行った統合防災演習について、23日付小紙が報じた記事に、大きな誤りがあった。東京都の一部の区役所は、自衛隊員の庁舎への立ち入りを拒否したわけではなく、通信訓練を認めていた。
▼記事の尻馬に乗った翌日の小欄も、当然訂正しなければならない。各区役所は、抗議の電話の応対に追われたという。24時間体制で防災活動に当たる担当者をはじめ、ご迷惑をかけたすべての関係者に深くおわびする。






日本青年社に応援を↓
ぼちぼちではありますが人気ブログランキングに参加しています
人気blogランキングへ
戻る時はPCの「←戻る」ボタンで戻ってください
[PR]
by nihonseinensha | 2012-07-26 22:19
<< 尖閣諸島開発ここに来て民主党政... 自衛隊員を追い払う 東京11区 >>