[祝い]天皇誕生日

祝日:天皇誕生日には”日の丸”の掲揚を!

a0103951_1428941.jpg

天皇誕生日、雅子さまもベランダに 皇居で一般参賀
2007.12.23 10:44
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/071223/imp0712231044003-n1.htm
天皇誕生日の参賀にこられた人達に手を振られる皇太子殿下と雅子妃殿下=皇居、午前10時22分 天皇陛下の74歳の誕生日を祝う一般参賀が23日、皇居・宮殿で始まり、天皇陛下は「誕生日にあたり、雨の降る寒いなか、祝意を表しに来てくれたことに感謝します」と述べられた。

 天皇、皇后両陛下、皇太子ご夫妻、秋篠宮さまは午前中、宮殿・長和殿のベランダから集まった国民に手を振られた。

 宮内庁によると、病気療養中のため、昨年は2回の出席だった皇太子妃雅子さまは、全3回とも参加される予定。また、左腕にしびれと痛みを訴えた秋篠宮妃紀子さまは欠席される。

 天皇陛下は午後に皇族方や国会議員らが参加する祝宴に臨まれるほか、各国の駐日大使らを招いた茶会も開かれる。

 また、皇太子ご夫妻の長女、敬宮愛子さま、秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまも皇居・御所へあいさつに訪れられる。



a0103951_14251287.jpg


天皇陛下のお誕生日を心よりお祝い申し上げます。





日本文化が嫌いな左翼ども!

天皇誕生日で思い出すのは、昨年の今頃に発生した、左翼団体週間金曜日が行った”天皇侮辱劇”

a0103951_14354479.jpg

天皇家のご子息の名前を付けた猿の人形を「本家に男の子が生まれたら、お前なんかいーらない!とポ~ンと放り投げたり、天皇のご病気をバカにし、あっちの方は立つのか?とトンデモない言葉を吐いたり。など左翼・右翼 関係無しの人間としてやってはいけない事を堂々とやってのけた左翼週刊金曜日


これが、奴らの本性だ。

日ごろは人権!人権と騒ぎながら自分らが一番ヤバイのだ。

行動と発言に一貫性が無く常に自分らの思想を通す為に都合の良い部分だけをこじつけているのでこういう時にボロが出るのだ。富田メモの時などは”陛下の重いお言葉”等と急に天皇陛下のお言葉を尊重しだす始末だ!(笑)

急に天皇陛下を尊重するようになった鬼畜左翼達
「A級戦犯合祀 昭和天皇の重い言葉」(鬼畜左翼朝日の見出し記事)

“やめよう天皇制!いらない天皇記念館!”
a0103951_15172786.jpg

左翼団体の天皇制反対デモ 
a0103951_15202152.jpg

このような鬼畜は粉砕しなければならない。

マスコミ等は
「右翼団体の街宣はうるさい!と言うが,左翼の街宣はうるさくないばかりかテレビ等では協力的に紹介する?!」このような、矛盾したこの国の仕組みもいずれ国民の前に晒さなくてはならない。

必ず晒す!







2000年の歴史を誇る日本の文化の象徴 それが天皇制



「日本の皇室の歴史の長さは世界一であり、2位・3位のイギリス王室やタイ王室の歴史の少なくとも2.5倍以上も長い歴史を持っているという。(2番目はデンマーク王室と言う説もある)
この歴史的文化というのは後から作る事が出来ない為(捏造で作っている国もあるらしいが)世界から羨ましがられる文化遺産の一つです。実はアメリカ人などは嫉妬するほど日本文化を羨ましがっており、特に日本の天皇制に関しては一目置いていると言う。その証拠にアメリカ人の白人の殆んどが自分の先祖がイギリスのスコットランド人だと言う事を誇りにしているという事実があります。つまり日本の天皇家というのは世界中の王国の貴族や民衆だけでなくアメリカのような民主主義先導国家からも尊重されているのです。」

「故に天皇家の人達が海外に行くととても尊重され、場合によっては首相よりも熱く持てなされたりします。(先日韓国のむひょん大統領が渡米してもアメリかのマスコミが取り扱わなかったくらいです^^)ヨーロッパなども明らかに他の国の要人よりも天皇家の人達に対しては礼を尽くして持て成すと言われてます。」






一年前の天皇誕生日のエントリー
http://seinensha.com/step_blog/archive_48.htm

週間金曜日の鬼畜劇 まとめサイト
http://www21.atwiki.jp/shukin/

探偵ファイル
http://www.tanteifile.com/diary/2005/10/17_02/index.html



なぜ日本の文化を嫌いな日本人がいるのか?

 ↓
人気blogランキングへ
by nihonseinensha | 2007-12-23 15:24 | 日本再生全般
<< 天皇家は日本の文化 今日12.8は真珠湾攻撃の日 >>