右翼団体向けに映画靖国上映会

腐れ反日映画 表現の自由云々の前に 
     なぜ文化省が反日映画に加担するのだ!


a0103951_238062.jpg


これ↓表現の自由と言う問題では無く映像の無断使用や嘘を付いての撮影は法に触れている?!


アルゴ・ピクチャーズは、削除しない理由として「神社側から言われただけで、裁判所から法的に削除しろといわれたわけではない」としている。



まずは最近の映画靖国関係のニュース記事を


映画「靖国」右翼関係者が上映会、「見てから議論を」と
 映画「靖国 YASUKUNI」の上映中止問題に絡み、右翼団体関係者らが企画した上映会が18日、東京・新宿のトークライブハウスで行われた。

 これまでに東京、大阪の計5館が中止を決めているが、中には右翼関係者の街宣活動を受けた後に中止を決めた映画館もあり、右翼団体幹部らが「見てから議論をするべきだ」と企画した。

 一方、新たに上映を決める映画館もあるため、20館以上が5月上旬から順次上映する予定だ。

 上映会には首都圏の右翼関係者約150人が参加。意見交換では「不快極まりない」「神道を理解していない」「(文部科学省所管の独立行政法人による)作品への助成は不当で、訴訟を起こすべきだ」などと批判する声が多かったが、中には「それほど反日的でない」という意見もあった。

 呼びかけ人の1人、木村三浩・一水会代表は「すべての右翼が見ずに抗議しているわけではない。見たうえで議論できることが大切で、上映会を開いた意味があった」と話した。

(2008年4月19日01時08分 読売新聞)



「反日映画だ」など厳しい声…右翼団体向けに「靖国」試写会
 ドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」を右翼系団体(民族派)向けに上映するイベントが18日、都内で行われ、首都圏の団体幹部ら約150人が参加した。

 上映後、一水会の木村三浩代表が「右翼の反対で上映が中止に追い込まれたとのイメージが作られ、警察の規制が強まるのは問題。映画を観た上で内容を議論したい」と趣旨を説明。正気塾の中尾征秀郎塾頭は「反日映画に間違いない」と主張し、防共新聞社の福田邦宏主幹らも「徹底的に無視すべき」と辛口だったが、大日本朱光会の阿形充規名誉顧問は「民族派にしっかりとした主張があることも取り上げている」と一部肯定的な受け止め方をしていた。
http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200804/sha2008041904.html



映画「靖国」、削除せず5月3日から公開へ
2008.4.21 20:49

このニュースのトピックス:映画
 映画「靖国 YASUKUNI」の李纓(リ・イン)監督らに対し、靖国神社が映像の削除・訂正を求めている問題で、配給会社のアルゴ・ピクチャーズは21日、「内容を変更せずに、(神社側と)和解する方向を探りたい」として、作品に手を加えずそのままの形で上映する方針を固めた。神社側が期日としている26日までに正式回答する。

 アルゴ・ピクチャーズは、削除しない理由として「神社側から言われただけで、裁判所から法的に削除しろといわれたわけではない」としている。

 映画館には試写会で使用したフィルムと同じものを、遅くとも5月1日前後から発送する。

 これに対し、靖国神社広報課は「正式な回答をもらっていないので、現段階ではコメントできない」としている。

 また、この日は上映を決めている23館のうち、8館の公開日程が決定。5月3日に東京の渋谷シネ・アミューズで公開されるのをトップに順次、大阪や京都などの映画館でも公開。そのほかの映画館についても、日程を調整している。
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/080421/tnr0804212049012-n1.htm



有村議員による一連の質疑の過程で初めて公にされたことだが、残る1人のキャストであり、かつて「靖国刀」と呼ばれた日本刀を製作したことのある高齢の刀匠は、キャストになることを「全く知らされておらず」、また「美術品として純粋に靖国刀匠のドキュメンタリーとして撮りたい」という出演依頼の際に受けた説明と出来上がったものとは内容が違っているとして、自分が映っている「映像を一切外してほしい」と希望しているという。
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080423/trd0804230224002-n1.htm




そんな腐った物は見なくても良い。




靖国神社の無断使用で、主演と言ってもいいほどの立場の靖国神社の無断使用をして靖国神社側から映像の削除要請が来たり、日本刀制作者を騙して撮影し出演させている時点で、公開中止にしてもなんら間違っていない。騙して撮影して映画にして上映してこの日本で許されるとでも思っているのか?日本人を舐め切っている。左翼テレビはそこの部分を一切触れない。


(日本人よなぜ公開中止の仮処分やフイルムの差し押さえの仮処分申請を起さないのだ!左翼・在日なら当たり前に訴訟騒ぎをやっとるだろ?!口だけで抗議をしたら何か変わるとでも思っているのか?!甘い!弱い!)



中国人監督が靖国と言う日本の聖地に土足で上がりこみ嘘を付いて反日映画を作ったのだ。

日本の文化省はそれに加担しているのだ。


いかに、日本は腐っているか、この異常な状況を世界に配信しても良いだろうし、本当にこの日本は左翼・在日に好きなようにされている?!


日本人・政府系機関にまで深く汚染された反日の連鎖はもう止まらない!






取り合えず応援クリックを!

人気blogランキングへ
[PR]
by nihonseinensha | 2008-04-24 21:39 | 日本再生全般
<< シナの尻穴舐め合うバター犬 問題 教師認める"君が代&... >>